無料ブログはココログ

« イラク北部の中石器・新石器時代の遺跡 | トップページ | チャルメラのルーツ »

2014年10月29日 (水)

地頭と荘園領主との争い

Sitajiel1_2


   地頭とは、もともと頼朝が荘園や公領に治安維持の名目で置かれたものだが、現地の実質上の領主として農民を支配し、佃、門田など直営地を下人らに耕作させ、権限をめぐって荘園領とも争った。そこで、問題解決のために地頭請や下地中分などが行われた。地頭請とは、一定額の年貢を納入することを条件に、荘園の管理と地頭に一任すること。下地中分とは、荘園を分割して片方を地頭の支配に任せ、互いに干渉しない取り決めを結ぶこと。鎌倉中期以後多く行われたが、地頭は支配権をいっそう強化して、荘園制の衰退を導いた。(日本史、中世社会)

« イラク北部の中石器・新石器時代の遺跡 | トップページ | チャルメラのルーツ »

「日本史」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« イラク北部の中石器・新石器時代の遺跡 | トップページ | チャルメラのルーツ »

最近のトラックバック

2017年3月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31