無料ブログはココログ

« 小都市ローマがなぜ世界の中心になり得たのか? | トップページ | 海の上のピアニスト »

2014年10月 4日 (土)

映画のなかの世界史

Photo_5
 「イントレランス」 1916年

    映画をみて世界史を知ることも多い。とくにアメリカは、歴史が浅いせいか、古い歴史に対してコンプレックスのようなものがある。20世紀の初め、映画が誕生したとき、しばしば見世物のような歴史劇が多く創られた。とくに聖書の世界や古代エジプトやバビロニアの世界である。D・W・グリフィスの「イントレランス」(1916)では中世フランス、ユダヤ時代、バビロンなどが大がかりなセットで再現された大作だった。セシル・B・デミルの「十誡」(1923)やフレッド・ニブロの「ベンハー」(1924)もシネマ・スコープでリメイクされたが、無声映画もいまでは容易に見ることができる。フリッツ・ラングの「ジークフリード」(1923)はニーベルンゲン物語だがオペラを題材としたものも多い。クローデット・コルベールの「クレオパトラ」(1934)、「ヘンリー五世」(1945)、「成吉思汗」(1951)、「黒騎士」(1952)、「クォ・ヴァディス」(1952)、「ジュリアス・シーザー」(1953)、「聖衣」(1953)、「円卓の騎士」(1953)、「悲恋の女王エリザベス」(1953)、「デジレ」(1954)、「ユリシーズ」(1954)、「異教徒の旗印」(1954)、「エジプト人」(1954)、「バルテルミーの大虐殺」(1954)、「獅子王リチャード」(1954)、「ピラミッド」(1955)、「トロイのヘレン」(1955)、「アレキサンダー大王」(1956)、「ヴァイキング」(1957)、「ハンニバル」(1959)、「ソロモンとシバの女王」(1959)、「ローマ帝国の滅亡」(1964)など美女、英雄などが登場する歴史物は世界中どこでも好まれるジャンルだ。

1953_the_robe_2
 聖衣

« 小都市ローマがなぜ世界の中心になり得たのか? | トップページ | 海の上のピアニスト »

「世界史」カテゴリの記事

コメント

ハリウッド映画なんかを観てると、欧米人の間では「常識的な歴史的背景」を前提に映画が作られていることが多々ありますが、「一般の日本人にはわからないだろうな」と思う部分をよく見かけることがあります。
以前も、ドラキュラをテーマとした映画で、50年ぶりに目覚めたドラキュラが赤いスカーフをしていたんですけど、それを見た主人公(ドラキュラ)が、「お前、その格好で出歩いてたのか?」と苦笑するシーンがありました。
これは、アメリカの「赤狩り」のことを言っているんですけど、時代背景を知っている私は笑えましたが、隣で観ていた妻はキョトンとしていました。
アメリカ人なら誰でも知っていることでも、「赤狩り」なんて、ふつうの日本人は知りませんもんね。
歴史知識があると、映画もより深く堪能できますよね。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 小都市ローマがなぜ世界の中心になり得たのか? | トップページ | 海の上のピアニスト »

最近のトラックバック

2017年9月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30