無料ブログはココログ

« 伊藤博文の青年期の肖像写真 | トップページ | そつがない »

2014年10月15日 (水)

まじめ

Boydiligent   「まじめ」は江戸時代に生まれた俗語で、「正しき目」ということで「まさしき目」が「まじめ」に変化したという説がある。「まじめ」は漢字で「真面目」と書くが、もともと真面目は「しんめんもく」と読んでいた。「本気であること、真剣な態度」という意味が通じることから、「まじめ」に「真面目」の漢字が明治になって当てられるようになった。今の若者ことばには「マジ」がよく使われているが、実はすでに江戸時代からあった言葉である。「本当」の代わりに「マジ」と言ったり、「マジ旨い」など強調語として使われている。(ことばの疑問)

« 伊藤博文の青年期の肖像写真 | トップページ | そつがない »

「ことば」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 伊藤博文の青年期の肖像写真 | トップページ | そつがない »

最近のトラックバック

2017年9月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30