無料ブログはココログ

« 老人と三人の若者 | トップページ | 五島英吉とコロッケ »

2014年10月23日 (木)

「ウサギとカメ」江戸の人は知らなかった

The_tortoise_and_the_hare__project_   「アリとキリギリス」「北風と太陽」などイソップ物語は、ながい間世界中の人々たちに読み継がれている。とくに足の速いウサギが自らの怠慢により競争に負けるお話「ウサギとカメ」は日本の昔話ではないかと思うほど広く知られている。「1593年、天草で刊行された伊曽保物語にその最初の形が認められる」(「世界大百科事典」1998年版)とあるのは間違い。実は「ウサギとカメ」の話は載っていない。1600年に出版された古活字版伊曽保物語にもない。近世の出版物からは未だ「ウサギとカメ」は文献上発見されていない。おそらく江戸時代にはまだ伝わらなかった可能性が高い。一般に普及したのは明治以降であると考えられる。1887年の小学校の教科書「小学読本」(竹下権次郎編纂)の巻3下の第35課に「油断大敵」という題で教訓として掲載されている。

ところで17世紀のラ・フォンテーヌはイソップの話を少し変えている。ウサギはわざと亀を先に走らせて、後から追い抜く予定だったが、スタートがやや遅かったので亀に負けてしまうというもの。

Riennesertdecourir9

絵はがきにある言葉、rien ne sert de courir は「あわてても無駄だ」の意味。


(The Tortoise and the Hare)

« 老人と三人の若者 | トップページ | 五島英吉とコロッケ »

「昔話・民話」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 老人と三人の若者 | トップページ | 五島英吉とコロッケ »

最近のトラックバック

2017年11月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30