無料ブログはココログ

« ホームドラマの時代 | トップページ | 趣味あれこれ »

2014年9月 6日 (土)

カチンの森事件はスターリンが命令

F0020352_12545684    旧ソ連のスモレンスク市近くグニェズドヴォの近郊の森で、スターリン時代、第2次世界大戦中にソ連当局が捕虜のポーランド人将校、警官ら多数を銃殺して埋めた事件。1943年に同地を占領したナチス・ドイツ軍当局がその遺体発表したがソ連当局はかかわりを否定し、戦後も真相はふせられてきた。ゴルバチョフ政権のもとで、ソ連、ポーランド両国の歴史家の共同調査が実施された結果、当時3つの収容所にいた約1万5000人のポーランド人将校らの大半が消息を断ち、この蛮行の責任がベリヤ(当時の内務人民委員=内相)らにあることをしめす資料が発見されたとしている。これを「スターリン主義の犯罪」と認めたソ連国営タス通信社の声明が1990年4月に発表された。2010年11月には「カチンの犯罪はスターリンや他のソ連指導者の直接の命令で行われた」と認める声明をロシア下院は賛成多数で採択している。

« ホームドラマの時代 | トップページ | 趣味あれこれ »

「世界史」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« ホームドラマの時代 | トップページ | 趣味あれこれ »

最近のトラックバック

2017年4月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30