無料ブログはココログ

« 日本初の遠足 | トップページ | サラミスの海戦とテミストクレス »

2014年9月20日 (土)

中世・近世インドの名君主たち

220pxvijayanagara    高校世界史に現れる中世・近世インドの君主といえば、バーブル、アクバル、シャージャハーン、アウラングゼーブなどムガル帝国の皇帝が多い。南インドのチョーラ王国のラージャラージャ1世(在位985-1016)、ラージェンドラ1世(在位1016-1044)やチャールキヤ王国のヴィクラマーティティヤ6世(在位1076-1126)、奴隷王朝のクトゥブッディーン・アイバク(在位1206-1210)、ヴィジャヤナガル王国のクリシュナ・デーヴァ・ラーヤ(在位1509-1529)も加えたいところである。クリシュナ・デーヴァ・ラーヤ(画像)は文化の保護者であったが、彼自身もまた文人であり、多くの文学作品を残している。バハードゥル・シャー2世(在位1837-1858)はムガル帝国最後の王。

« 日本初の遠足 | トップページ | サラミスの海戦とテミストクレス »

「世界史」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 日本初の遠足 | トップページ | サラミスの海戦とテミストクレス »

最近のトラックバック

2017年7月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31