無料ブログはココログ

« ハリー・アンドリュース | トップページ | 1970年前後 »

2014年9月12日 (金)

サリー・フィールド「大西部への道」

M2okwliqcwpdypdnusczakg   NHKBS放送の「大西部への道」(1967)を観る。カーク・ダグラス、リチャード・ウィードマーク、ロバート・ミッチャムと3大スターが共演するも、やや全盛期を過ぎた観あり。若い娘が妊娠するも、男は絞首刑となり、別の若者と結ばれるという話がメインになる。元気娘がサリー・フィールド。当時21歳。TV「いたずら天使」でティーンの人気者で映画デビュー作。「ノーマ・レイ」「プレイス・イン・ザ・ハート」で2度のアカデミー主演女優賞を受賞しているが、なぜか日本では爆発的な人気がなかった。キュートで可愛いアイドル時代を知られていないせいか、「ノーマ・レイ」の勝気な演技派女優、バート・レイノルズとの関係などがマイナスに作用したのだろう。かつてのアイドルも67歳のおばあさんになったが、やはり彼女の出演している映画は安心してみれる。

Wayweststill011x

Waywestbr3_1360404138_th

« ハリー・アンドリュース | トップページ | 1970年前後 »

女性」カテゴリの記事

コメント

映画「マグノリアの花たち」の母親役。若い時はこんなハツラツ元気タイプだったのですね。娘(ジュリア・ロバーツ)の、病気を押しての出産、死を受け、苦悩する演技が良いし、シャーリー・マクレーンのちょっとひねくれ、嫌われ者や、気っ風が良くてチャーミングなドリー・バートンなど女達の友情が、笑わせて泣かせてくれる映画で何度でも見てしまいます。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« ハリー・アンドリュース | トップページ | 1970年前後 »

最近のトラックバック

2018年1月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31