無料ブログはココログ

« 神が与えてくれるブレイク期間は短い | トップページ | 大平山元遺跡 »

2014年9月23日 (火)

青谷上寺地遺跡

   あおやかみじちいせき。鳥取市の青谷上寺地遺跡で1999年に出土した約1800年前(弥生時代後期)の丸太が、高さ10mほどにもなる高床建物の建材だったことが判かった。出土品には大陸との関係を示唆する遺物が数多くあり、海岸部に立地していることから、日本海側における交易や文化拠点としての役割を果たしていたと考えられる。

Clip_image006 Clip_image008

« 神が与えてくれるブレイク期間は短い | トップページ | 大平山元遺跡 »

「日本史」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 神が与えてくれるブレイク期間は短い | トップページ | 大平山元遺跡 »

最近のトラックバック

2017年6月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30