無料ブログはココログ

« 縦割れ人名 | トップページ | 14人のジュリエット »

2014年9月 8日 (月)

ジャックは旅をする

Jacklondon   映画「タイタニック」でレオナルド・ディカプリオが演じた若者の名前はジャック。「荒野の呼び声」「白い牙」で知られたアメリカの作家ジャック・ロンドン(1876-1916)からイメージされたという。

   19世紀末、ホーボー(Hobo)と呼ばれた貨物列車をただ乗りしながら、アメリカ各地を放浪する若者が多くいた。一ヵ所に住まず、家族を持たず、定職もない。旅を続けては、季節労働などで働く。飢えや寒さに悩まされ、放浪罪で刑務所に入れられることもある。それでも彼らには何ものにも束縛されない自由がある。サンフランシスコに生まれたジャック・ロンドンも子供のころから新聞配達、缶詰工場やカキの密猟などさまざまな仕事に就いた。ゴールド・ラッシュでアラスカに行った。ボーア戦争でアフリカに行こうとしたが、はたせずロンドンへ行き貧民街で暮らした。日露戦争が起こると、日本や朝鮮へ行った。長崎ではロシアのスパイと間違われ逮捕されている。39年間の短い人生は、放浪と冒険に満ちている。(Jack London)

« 縦割れ人名 | トップページ | 14人のジュリエット »

「地理」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 縦割れ人名 | トップページ | 14人のジュリエット »

最近のトラックバック

2018年5月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31