無料ブログはココログ

« 大賞を受賞したものの低迷した人たち | トップページ | ホームドラマの時代 »

2014年9月 6日 (土)

名脇役と立小便

2007071219091278680_192535_0   最近、立小便をする人など都会ではいない。映画ですら見かけることはないだろう。韓国映画「八月のクリスマス」の一場面にジョンウォン(ハン・ソッキュ)と親友チョグル(イ・ハンウィ)が酒を飲んだ後、道端で並んで立小便するシーンがある。

「なあ、どうしたんだよ、何かあったのか?」小便をしながらチョグルが言う。「お前、酒弱いくせに」「うるせぇなあ」「なあ、言ってみろよ」「チョグル・・・俺はもうすぐ死ぬんだ」酔った勢いでついに言ってしまった。

   病身のジョンウォンには残りの時間はわずかだった。切ないほどに気持ちが伝わってくる。出番は少ないものの、この親友を演じた俳優の名前は知らないがよく見かける顔である。名をイ・ハンウィといい、2008年、撮影現場で知り合った19歳年下の女性と電撃結婚して話題になった。ドラマ「愛の挨拶」「若者のひなた」「秋の童話」「冬のソナタ」「春のワルツ」、映画は「八月のクリスマス」「JAS」「四月の雪」。大ヒット作ばかりだ。「春のワルツ」のチェハの父親を熱演したのが印象深いが、「冬のソナタ」では確か写真屋さんだったと思う。個性派のイ・ハンウィにも注目したい。

« 大賞を受賞したものの低迷した人たち | トップページ | ホームドラマの時代 »

「韓国ドラマ」カテゴリの記事

コメント

肉食系女子の流行る昨今、嫁も幼い頃に経験したそうだが、女性の立ち小便です。 多くの女性も座り小便など面倒だと感じてると思われ、いつからか女性が主流にというべきで、女性の立ち小便の専用器具が販売されはじめているそうです。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 大賞を受賞したものの低迷した人たち | トップページ | ホームドラマの時代 »

最近のトラックバック

2018年4月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30