無料ブログはココログ

« よだきい | トップページ | 宮沢賢治の一日玄米四合は食べ過ぎか? »

2014年9月20日 (土)

天一坊と伊賀亮

Photo

  享保14年(1729年)4月21日、将軍吉宗の落胤を名乗る天一坊改行(1699-1729)が品川で死罪の上、獄門となった。天一坊のもとに集まっていた常楽院(赤川大膳)や山内伊賀亮など浪人たちも遠島や江戸払いとなる。

天一坊の正体は紀州田辺の生まれで、幼名は半之助というが真偽は定かではない。「大岡政談」では宝沢(ほうたく)という感応院というお寺の小坊主となっている。享保日録等の史料に見え、天一坊は実在の人物と思われるが、将軍家を揺るがすような大事件ではなかった。また大岡忠相の名裁きの一つとされるが、実際には大岡はこの事件には全く関係していない。

« よだきい | トップページ | 宮沢賢治の一日玄米四合は食べ過ぎか? »

「日本史」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« よだきい | トップページ | 宮沢賢治の一日玄米四合は食べ過ぎか? »

最近のトラックバック

2017年3月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31