無料ブログはココログ

« 読書する女性 | トップページ | おしへん »

2014年9月 9日 (火)

なぜイタリア女優が衰退したのか

Elisabettaegeorge1    戦後、アリダ・ヴァリ、ソフィア・ローレン、ジーナ・ロロブリジータ、シルヴァ・コシナ、クラウディア・カルディナーレ、ロザンヌ・スキャフィーノ、ヴィルナ・リージと国際派のイタリア女優が活躍した。60年代から70年代にかけてもステファニ・サンドレッリ、ラウラ・アントネリ、グロリア・グイダ、オルネラ・ムーティなどが脱ぎっぷりよく世界市場で活躍した。ところが80年代以降、イタリア映画の不振とともに女優たちもパッとしなくなった。イタリア料理やファッションが人気なのに、なぜイタリア女優は衰退したのか。

Neri04     現在イタリアを代表する女優といえばフランチェスカ・ネリ(左)、モニカ・ベルッチくらいであるが、彼女らもすでに50歳前後。「向かいの窓」のジョヴァンナ・メッツォジョルノが40歳。ジョージ・クルーニーの恋人エリザベッタ・カナリス(35歳)という女優もいるがゴシップ欄をにぎわすだけである。新人ジュリア・エレッタの映画も日本では公開されない。映画誕生とともに女性中心の映画が生まれたのはイタリアといわれている。オペラの伝統からディーバ(女神)と呼ぶ。ディーバ第1号はフランチェスカ・ベルティーニ、そしてマリア・ヤビニが1920年代に活躍する。やはり1970年代からのポルノ作品の傾向が強すぎることがあげられる。 diva

6159605326_c4b2e6ff93_z
 フランチェスカ・ベルティーニ

7764993402_478cd6d292_z
  マリア・ヤコビニ

20_romacittaaperta
「無防備都市」アンナ・マニヤーナ 1945年

Fellinikabiria1
「カビリアの夜」ジュリエッタ・マッシーナ 1956年

Photo
「鞄を持った女」クラウディア・カルディナーレ 1961年

Bubu_de_montparnasse_bubu_1971_port
「愛すれど哀しく」オッタビア・ピッコロ 1971年

La_monaca_del_peccato
「尼僧白書」エヴァ・グリマルディ  1986年

Malena
「マレーナ」モニカ・ベルッチ 2000年

Giovanna_mezzogiorno
ジョヴァンナ・メッツォジョルノ

Violanteplacidoinunascenadilezionid
「恋するショコラ」ヴィオランテ・プラシド 2007年

Examicicomeprimaalessandrogassmanan
「ローマ、恋のビフォーアフター」アンナ・フォリエッタ 2011年

Alessandra_mastronardi
「ローマでアモーレ」アレッサンドラ・マストロナルディ 2012年

« 読書する女性 | トップページ | おしへん »

「映画・テレビ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 読書する女性 | トップページ | おしへん »

最近のトラックバック

2017年10月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31