無料ブログはココログ

« 村岡花子と「赤毛のアン」 | トップページ | 分目(わんめ) »

2014年9月14日 (日)

地理地名こぼれ話

76640026   1999年から2006年までの市町村合併を「平成の大合併」という。合併により効率的な行政運営を行うことがその理由である。だが昔からの伝統ある地名が消えたという話もよく聞かれる。清水の次郎長こと山本長五郎の生家がある清水市は2003年の合併で静岡市清水区になっている。ヤクザの親分の名前が一番有名なことがやはり不味いのだろうか。1963年に起きた波崎事件。忌まわしい事件の過去を消すかのように波崎町は2005年に神栖市の編入され地名は消えた。このように事件や事故のせいである地名が消えていくことは多い。オウム真理教の事件により知れ渡った山梨県上九一色村も2006年分割され、甲府市と富士河口湖町に編入され、その地名は消えた。

  平成の大合併により地図帳の50音別索引も大きく変動した。これまでトップは秋穂町(山口県)だったが相生市(兵庫県)になった。ラストは和良村(岐阜県)だったが蕨市(埼玉県)になる。

« 村岡花子と「赤毛のアン」 | トップページ | 分目(わんめ) »

「地理」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 村岡花子と「赤毛のアン」 | トップページ | 分目(わんめ) »

最近のトラックバック

2018年12月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31