無料ブログはココログ

« スピンの謎 | トップページ | どっこい屋 »

2014年8月19日 (火)

柳沢武運三について

   検察官や警察官が、変死の疑いのある死体を調べることを「検死」という。1879年に刊行された本に「警官郡吏必携検死法」がある。著者は柳沢武運三(やなぎさわ ぶうんぞう)という戯作者。柳沢が如何なる人物であるか手がかりとなる資料がないが、国立国会図書館サーチで検索すると109件もヒットする。1879年の「日本楽府」(頼山陽)から、「匠左甚五郎之伝」(1896)まで17年間にわたり、著作あるいは出版業として開化明治期に活躍したらしい。著書の奥付によると「大阪府下東区龍造寺町23番地」に住んでいたことが判明する。「現行大日本法律全書」「商家必要印税訳解」など実務書から「知恵のおた巻 絵入」「算法智恵環」まであらゆる分野を執筆している。代表作は「柿木金助実伝」で、大凧で名古屋城の金鯱の鱗を盗む話である。明治期の戯作者はあらゆるジャンルの本を書いていたらしい。

« スピンの謎 | トップページ | どっこい屋 »

人国記」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« スピンの謎 | トップページ | どっこい屋 »

最近のトラックバック

2017年10月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31