無料ブログはココログ

« 好々爺vs暴走老人 | トップページ | 歌あればこそ世は楽し »

2014年8月15日 (金)

「終戦記念日」英語で何という?

   69回目の「終戦の日」となる今日、政府主催の全国戦没者追悼式が日本武道館で開かれた。犠牲となった310万人の冥福を祈るとともに、平和を祈念する。あれから69年。いまちょっと軍歌がマイ・ブーム(もちろんひとり部屋で歌うもので、人前では歌わない)。軍歌や戦時歌謡は軍国主義復活につながると一時期、放送禁止歌と同様の扱いであった。それが2011年に出版された「日本の軍歌」(辻田真左憲)によって、軍歌に興味を持つ若い人がジワジワと増えてきたというニュースがある。しかし実際に軍歌を特集した歌番組をみたことはまだ一度もない。子どものとき雑誌「丸」の付録に「軍歌集」があり、よく歌った。「抜刀隊」「雪の進軍」「アムール河の流血や」「露営の夢」「広瀬中佐」「肉弾三勇士」「討匪行」 しかし知らない軍歌も多い。いまはYouTubeを見て覚える。

    戦争に関する英単語を集める。終戦記念日は「the anniversary of the end of World WarⅡ」か。戦死という単語は「death in battle」であるが、「玉砕」はなんというのか。「honorable death(名誉の死)」か。「滅私奉公」という英単語はない。「selfless devotion to one's country」か。

651 Ic
army(陸軍)                   death in battle(戦死)

Great_escape01 Photo
captive(捕虜)          navy(海軍)

Photo_2 1217401142
figther combat plane          air raid(空襲)
(戦闘機)

« 好々爺vs暴走老人 | トップページ | 歌あればこそ世は楽し »

英語」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 好々爺vs暴走老人 | トップページ | 歌あればこそ世は楽し »

最近のトラックバック

2017年11月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30