無料ブログはココログ

« 開拓期のアラスカで活躍した和田重次郎 | トップページ | スピンの謎 »

2014年8月19日 (火)

本の腰巻のはじまり

_mg_6712_3    帯紙(おびかみ)の俗称。内容などを印刷して書籍の表紙や外箱の下方に帯状に巻いた紙。俗に「腰巻」とよぶ。昭和初期の左翼出版物が帯をつけたのが最初という説がある。植草甚一は1930年秋、ドイツのタウニッツ・エディション社のヘミングウェイ「武器よさらば」が最初ではないかと言っている。(参考:「その場がど~んともりあがる雑学の本」講談社)

« 開拓期のアラスカで活躍した和田重次郎 | トップページ | スピンの謎 »

「書籍・雑誌」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 開拓期のアラスカで活躍した和田重次郎 | トップページ | スピンの謎 »

最近のトラックバック

2018年7月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31