無料ブログはココログ

« 緑茶とブログ | トップページ | 原田知世はどこへ向かうのか »

2014年8月18日 (月)

枯木寒鴉

04kyosai50056_s    河鍋暁斎に枯れ枝の先にとまっている1羽の鴉の孤高な姿を描いた「枯木寒鴉図」(1881年)がある。この絵は芭蕉の句「枯枝に烏のとまりたるや秋の暮」(延宝8年)からインスパイアーされたものなのであろうか。それとも「枯木と鴉」はよくある画題なのかもしれない。葉の落ちつくした木の枝は、秋らしい趣がある。この句には「烏とまりたりや」「烏のとまりたりや」「烏とまりけり」など数種の句形が残っている。この句は談林から蕉風への芭蕉頓悟の句といわれる。

« 緑茶とブログ | トップページ | 原田知世はどこへ向かうのか »

芭蕉発句集」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 緑茶とブログ | トップページ | 原田知世はどこへ向かうのか »

最近のトラックバック

2018年6月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30