無料ブログはココログ

« 原田知世はどこへ向かうのか | トップページ | 本の腰巻のはじまり »

2014年8月19日 (火)

開拓期のアラスカで活躍した和田重次郎

    和田重次郎(1875-1937)は北米、アラスカ、カナダで著名なマッシャー(犬橇使い)。明治8年、愛媛に生まれる。17歳のときアメリカに密航。北極圏6千キロの探検をし、未開発地域の地図を作成するなど、明治後半から大正にかけアラスカで知らぬ者はいないほどであった。

Wada_dogs
 犬橇使いの神様 和田重次郎顕彰会より

« 原田知世はどこへ向かうのか | トップページ | 本の腰巻のはじまり »

「地理」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 原田知世はどこへ向かうのか | トップページ | 本の腰巻のはじまり »

最近のトラックバック

2018年11月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30