無料ブログはココログ

« 枯木寒鴉 | トップページ | 開拓期のアラスカで活躍した和田重次郎 »

2014年8月18日 (月)

原田知世はどこへ向かうのか

News_thumb_haradatomoyo_songs_photo   SONGS夏休みアンコール放送。お盆の深夜、薬師丸ひろ子、松田聖子、原田知世、菊池桃子、怒濤の一挙放送。中年のオッサンたちは歓喜したことだろう。この4人で1人異彩を放っていたのが、原田知世である。他の3人は80年代にプレイバックしていたが、知世は過去を振り返らず、今を生きようとしている。角川映画からの決別もあるが、それからの人生の歩みがいま現在につながり、自然で独自なスタイルを確立した感がある。最新曲「うたかたの恋」がなんとも不思議なムードがただよう。ドラマ「紙の月」で演じたヒロインの心情にインスパイアーされて生まれたという。あの無表情さは不気味な雰囲気を持つ。お盆の女の勝負、原田知世に軍配を上げたい。

« 枯木寒鴉 | トップページ | 開拓期のアラスカで活躍した和田重次郎 »

「音楽」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 枯木寒鴉 | トップページ | 開拓期のアラスカで活躍した和田重次郎 »

最近のトラックバック

2017年11月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30