無料ブログはココログ

« 「水色の恋」の謎 | トップページ | カレーの市民6人の名前 »

2014年8月 2日 (土)

信長のデスマスク

Photo   死の直後に顔面から直接に型をとってつくる仮面をデスマスクという。西洋では16世紀にはじまり、古いものではフランスのアンリ4世(1553-1610)のものが残されている。日本では大正時代ころから始まった。ところが本能寺の変で死んだとされる織田信長(1534-1582)のデスマスクが信長の子孫が代々保管していたとされ、先日テレビ番組で初公開された。信長の首は弥助というモザンビーク出身の奴隷が持ち出しデスマスクを作らせたという。にわかに信じ難い話だが詳しい調査結果を待ちたい。

Ex51
 アンリ4世のデスマスク

« 「水色の恋」の謎 | トップページ | カレーの市民6人の名前 »

「日本史」カテゴリの記事

コメント

という事は、信長の遺体が見つからなかったという説は…

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 「水色の恋」の謎 | トップページ | カレーの市民6人の名前 »

最近のトラックバック

2017年3月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31