無料ブログはココログ

« 消しゴムの歴史 | トップページ | 外国スターの名前を覚える。エディー・ポロからチャニング・テイタム »

2014年8月17日 (日)

岩佐又兵衛と松平忠昌

Img_1388   岩佐又兵衛(1578-1650)は織田信長に反逆した摂津守、荒木村重(?-1586)の遺児。母は京の六条河原で信長に磔にされたが、又兵衛はあやうく難を逃れ、石山本願寺に匿われて絵師として成長する。のちに、越前北ノ庄の松平忠直に招かれて、ここに定住するが、忠直は1623年、不行跡を理由に豊後に配流される。弟である松平忠昌(1598-1645)が第3代藩主となる。又兵衛は数々の名作を描くが、1637年、江戸に上り、1640年には仙波東照宮に三十六歌仙の額を描いた。1650年、江戸にて没する。遺骨は福井に送られ興宗寺に埋葬される。NHK大河ドラマ「軍師官兵衛」第33回には荒木村重(道薫)が亡き妻・だしが生んだ我が子と対面する場面がある。

« 消しゴムの歴史 | トップページ | 外国スターの名前を覚える。エディー・ポロからチャニング・テイタム »

「日本史」カテゴリの記事

コメント

ゆうべ、まさしくその場面を見ました。

「反逆」という小説を以前に読みましたが、荒木村重の懊悩…ぐいぐい引き込まれてしまいました。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 消しゴムの歴史 | トップページ | 外国スターの名前を覚える。エディー・ポロからチャニング・テイタム »

最近のトラックバック

2017年3月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31