無料ブログはココログ

« 「終戦記念日」英語で何という? | トップページ | ドッペルゲンガー »

2014年8月15日 (金)

歌あればこそ世は楽し

2260194064_77ca99a530

  宮崎駿監督「風立ぬ」の挿入歌に「Das Gibt's Nur Einmal」が使われているらしい。戦前日本でも大ヒットした映画「会議は踊る」(1931)の劇中歌「ただ一度だけ」である。ウィーンの町娘リリアン・ハーヴェイがロシア皇帝に別荘へ招かれ馬車の上で信じられない幸せを人生のただ一度限りの僥倖として歌う場面である。

ただ一度だけ

もう二度と来ない

ただの夢かもしれない

人生にただ一度

明日にはもう消え去っているかも

人生にただ一度

だって花の盛りはただ一度だけ

 甘美なこの歌に酔いしれた日本人が世界大戦の嵐に巻き込まれるのは数年後のことである。

« 「終戦記念日」英語で何という? | トップページ | ドッペルゲンガー »

「音楽」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 「終戦記念日」英語で何という? | トップページ | ドッペルゲンガー »

最近のトラックバック

2017年11月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30