無料ブログはココログ

« 世の中イエスマンだらけ | トップページ | 文豪の処女作 »

2014年7月13日 (日)

歌人 岩谷莫哀

Miichan_222img450x6001348653877klxl    明治21年、鹿児島県宮之城町(現・川内市)に生まれる歌人、岩谷莫哀(いわやばくあい 1888-1927)。本名・岩谷禎次。七高を経て、東京大学経済科卒。尾上紫舟に学ぶ。短歌雑誌「車前集」「水甕」などの創刊・編集にかかわった。歌集に「春の反逆」「仰望」などがあり、死後「岩谷莫哀短歌全集」が刊行された。

朝髪もけづらずあはれわが妻のしぼれる乳は草に落ちつつ

   1923年作。作者は初婚に失敗し、1920年再婚。翌年女児を得て、生活が順調になったと思った矢先、原因不明の発熱が続き、1922年9月、相州平塚に入院、1923年1月、安房館山に転地静養。5月には女児を失うという不幸にさいなまれた。この歌は子の失った悲愁の中でなしたもの。(参考:内田守人「歌人岩谷莫哀研究」)

« 世の中イエスマンだらけ | トップページ | 文豪の処女作 »

「日本文学」カテゴリの記事

コメント

sign02
多摩墓地にある『歌碑』を見て家人を知りました。私の親の墓が真後ろにあり、いつも拝見しながら強初めて関心を餅しらべたら・・・。
あの歌碑に書かれている「歌」は?教えてください。また解釈が難しいのであれば意味も含めてお願いします。

多磨霊園にある歌碑とは「堪えて来し これの月日のわびしさも 馴れてはうれし松風の音」のことでしょうか。人生の悲しみを歌った作品がおおいようです。号も「哀しむ莫(なか)れ」からきています。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 世の中イエスマンだらけ | トップページ | 文豪の処女作 »

最近のトラックバック

2017年7月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31