無料ブログはココログ

« 立花左近は実在した!? | トップページ | 婆栗湿縛尊者「石の上にも3年」 »

2014年7月10日 (木)

大関カド番とは

   大関琴奨菊が名古屋場所(13日初日)で3度目のカド番を迎える。大関は2場所連続で負け越すと、関脇に陥落する(1969年7月場所から)。ただし、関脇陥落場所で10勝以上を挙げると大関に復帰するという特例もある。

   この「カド番」とは何か?囲碁・将棋で「何番勝負」を行うとき「これで勝負が決まる」という大詰の勝負の局番を「角番」という。これが大相撲の語源である。新聞などで表記されるときは分かりやすく「カド番」と記されることが多い。

   もともと昭和初年から2場所負け越しで大関陥落の制度は定着していたが、1955年に年6場所が実施されたとき、3場所連続負け越しで陥落すると定められた。しかし、これでは甘過ぎるという意見もあり、1969年から現行にように変更された。カド番回数のワースト記録は千代大海の14回。

« 立花左近は実在した!? | トップページ | 婆栗湿縛尊者「石の上にも3年」 »

「ことば」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 立花左近は実在した!? | トップページ | 婆栗湿縛尊者「石の上にも3年」 »

最近のトラックバック

2017年10月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31