無料ブログはココログ

« ハワイ相撲の生みの親・柏原喜八 | トップページ | ナポレオンのエジプト遠征とロゼッタ・ストーン »

2014年7月14日 (月)

旧奈良家住宅(国指定重要文化財)

Photo_2
Dscn5149

   秋田県の代表的な地主であった旧奈良家住宅(秋田市金足小泉町)が保存・公開されている。菅江真澄(1754-1829)も1811年、58歳のときここに泊まっている。菅江は滞在中、秋田藩校明徳館の学者、那珂通博(1748-1817)と出会っている。「明治の二宮尊徳」といわれた石川理紀之助(1845-1915)も弘化2年、ここで生れた。

« ハワイ相撲の生みの親・柏原喜八 | トップページ | ナポレオンのエジプト遠征とロゼッタ・ストーン »

「日本史」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« ハワイ相撲の生みの親・柏原喜八 | トップページ | ナポレオンのエジプト遠征とロゼッタ・ストーン »

最近のトラックバック

2017年8月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31