無料ブログはココログ

« 豚汁はなぜ「重箱読み」なのか | トップページ | 「庭訓往来」と玄恵 »

2014年7月10日 (木)

婆栗湿縛尊者「石の上にも3年」

  何事も辛抱していれば、やがては必ず成功する、の意味で「石の上にも3年」などとよくいう。これは釈迦から数えて10代目の祖師、婆栗湿縛(バリシバ)尊者の故事によるものである。インドのバリシバは80歳になって出家したが、たいへんな修行を重ねた。学問もさることながら、樹上石上での坐禅を3年も続け、横になって休むことながなかった。井原西鶴の「西鶴織留」に「商人・職人に限らず、住み慣れたる所を替えることなかれ。石の上にも3年と俗語に云へし」とある。

英語にもよく似た表現がある。

Perseverance will win in the end.

With perseverance you will win in the end.

Patience wins out in the end.

By your endurance you will win your lives.

« 豚汁はなぜ「重箱読み」なのか | トップページ | 「庭訓往来」と玄恵 »

「ことば」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 豚汁はなぜ「重箱読み」なのか | トップページ | 「庭訓往来」と玄恵 »

最近のトラックバック

2017年7月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31