無料ブログはココログ

« 「生命線」と「空中戦」 生き続ける昭和の流行語 | トップページ | 「(論文の)撤回」「号泣会見」英語で何という »

2014年7月 3日 (木)

ミスティをかけてちょうだい

Eastwood_with_jazz_pianist_erroll_g   ジャズ・ピアニストのエロール・ガーナーが1954年、飛行機で移動中に頭の中に浮かんだメロディが「ミスティ」、という話は有名である。もともとピアノ曲であるが、ジョニー・マティスが最初で、サラ・ボーン、エラ・フィッツジェラルド、ダイアン・リーブス、ジュリー・ロンドンなど数多のシンガーがカヴァーしてスタンダードナンバーになっている。映画「恐怖のメロディ」(1971)にも登場する。カリフォルニアでラジオ局のDJをやっているデイブ(クリント・イーストウッド)は精神異常の女のリクエスト曲「ミスティ」をかけたことから、この女につきまとわれ、やがて思いがけない事件へと進んでいく。捜査の刑事はなぜかマントヴァーニが好きだという。マントヴァーニも「ミスティ」を代表曲としている。原題は「Play Misty For Me」(ミスティをかけて頂戴、わたしのために)。マイケル・ダグラスの「危険な情事」(1987)は設定は異なるものの、この映画のリメイク版と思えるほど似ている。実際に下敷きとしたコメントがメイキングに収録されている。またセクシー系のドナ・ミルズと知性派のジェシカ・ウォルターの2人の女優が対照的で魅力的だ。

PhotoPhoto_2


« 「生命線」と「空中戦」 生き続ける昭和の流行語 | トップページ | 「(論文の)撤回」「号泣会見」英語で何という »

「音楽」カテゴリの記事

コメント

クリント・イーストウッドはジャズ好きで、自身の監督作品にもジャズ音楽が多用されていますよね。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 「生命線」と「空中戦」 生き続ける昭和の流行語 | トップページ | 「(論文の)撤回」「号泣会見」英語で何という »

最近のトラックバック

2017年11月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30