無料ブログはココログ

« むかしニューヨークはアメリカの首都だった | トップページ | 美女の顔に歴史あり »

2014年7月12日 (土)

洞窟で見つけた光

Pastordoug1_01   ダグラス・バチェラーの父は航空機産業の仕事で成功を収め、母はエルビス・プレスリーの歌を作るなど、芸能界では押しも押されもしない地位を築いていた。母との関係で、ダグラスは、スターたちにチヤホヤされて育った。芸能界の華やかな人たちの中には同性愛者がいたり、麻薬やアルコールにはまっている人たちが多かった。ダグラスは経済的には恵まれていたが、愛情には飢えていた。学校では大喧嘩したり、何度か自殺を試み、ついには家出をする。やがてヒッピー仲間と食べ物を求めてゴミ箱をあさる生活を始めるが、南カリフォルニアのパームスプリングスの大峡谷に辿りつく。奥深くの洞窟に住み着きはじめた。中に入ってみると、そこは居心地のよい場所だった。すすで真っ黒になった天井は、以前、誰かが住んでいたことを物語っていた。壁から突き出している岩棚の上には、ほこりをかぶった一冊の黒い本があった。ほこりを払うと、「聖書」と書いてあった。やがて、洞窟生活にも慣れ、大自然の懐の中で暮らすうちに、ダグラスの心は徐々に、どうすれば得られるのかわからない心の平安を追い求めていた。ある日、岩棚からあの聖書を再び取り出してほこりを払った。聖書を開くと、内側の扉に手書きのメッセージを見つけた。「1972年7月12日、生まれ変わる。この聖書を見つけた人がこれを読んで、私と同じ平安と喜びを見いだすように祈る」とあって、その人の署名がしてあった。(Douglas Batchelor)

« むかしニューヨークはアメリカの首都だった | トップページ | 美女の顔に歴史あり »

「キリスト教」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« むかしニューヨークはアメリカの首都だった | トップページ | 美女の顔に歴史あり »

最近のトラックバック

2017年7月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31