無料ブログはココログ

« ラテン式「愛とセックス」観を学ぶ | トップページ | だちかんぞ »

2014年7月11日 (金)

もじって作られた言葉「台風一過」

   台風として初めてとなる特別警報が出された台風8号は11日午前9時に本州を抜けて、温帯低気圧に変わった。「過去最強クラス」と騒がれたが、台風の勢力は急速に衰えてほっと一安心する。西日本では気温が30度以上となり、台風一過の陽気である。漢語「台風一過」は「大風一過」をもじった日本人独自の造語である。むかし、中国で激しい風のことを「大風」と呼び、それがヨーロッパで音写されて「typhoon」となり、さらに再び中国や台湾に入って「颱風」の字が当てられた。

« ラテン式「愛とセックス」観を学ぶ | トップページ | だちかんぞ »

「ことば」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« ラテン式「愛とセックス」観を学ぶ | トップページ | だちかんぞ »

最近のトラックバック

2017年9月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30