無料ブログはココログ

« イギリスとスペインとの同盟 | トップページ | Gパンの謎 »

2014年6月18日 (水)

ジョン・カザール

Photo   シドニー・ルメット監督の「狼たちの午後」。アル・パチーノの相棒サルが神経過敏で異様な雰囲気がある。「外国へ逃亡するとすればどこ?」と聞くと「ワイオミング」と返事する(ワイオミングは国内) 飛行機に乗るのは初めてでドキドキしている。タバコを吸わない理由を女子行員に聞かれると、「健康は大切だ。肉体は神の宿だから」と答える。こんな人が銀行強盗するという意外性が恐ろしい。そして、さらに恐ろしいのが、この映画の3年後には、サル(ジョン・カザール)が癌で死んでいる。

« イギリスとスペインとの同盟 | トップページ | Gパンの謎 »

「映画・テレビ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« イギリスとスペインとの同盟 | トップページ | Gパンの謎 »

最近のトラックバック

2017年4月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30