無料ブログはココログ

« エリマキトカゲのパフォーマンス | トップページ | アルフィーアス・ハーディー »

2014年6月15日 (日)

イングーシ共和国の首都はナズラン

1521550049416cfaf く    ロシア連邦の北コーカサスにある共和国。表記はイングーシ共和国とされるのが一般的であったが、近年はイングーシェチア共和国、イングシェチアとされることもある。住民の大半がイスラム教スンナ派のイングーシ人で、ロシア人は殆どいない。イングーシ人とチェチェン人は、民族的には同一であり、1859年に帝政ロシアが北カフカスを併合するにあたって、抵抗した東部地域のグループをチェチェン人、抵抗しながら西部地域のグループをイングーシ人と呼称したのが分離のはじまりである。2009年に入ってから、共和国政府を狙った連続テロが続発し、治安が悪化している。治安悪化の原因は経済状態の悪さし、同害報復の伝統が根強いことから、家族を殺された人物が、報復のために過激派に加わるというケースもあり、テロを生む土壌があると指摘されている。これまで日本でのイングーシに関する情報量は極めて少ない。参考文献:富樫耕介「イングーシ共和国における政治的危機とその背景 モクスワの北コーカサス政策の課題」ロシア・ユーラシア経済 研究と資料937,2010年9月号。(Ingushetia,Ingushetiya,Nazran,Caucasus)

41532184db4448fbaf90653bc4346987_mw

« エリマキトカゲのパフォーマンス | トップページ | アルフィーアス・ハーディー »

「地理」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« エリマキトカゲのパフォーマンス | トップページ | アルフィーアス・ハーディー »

最近のトラックバック

2018年9月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30