無料ブログはココログ

« 人を呪わば穴二つ | トップページ | こんな言葉、知らなかった「乳臭」 »

2014年6月16日 (月)

寧馨児

1c252c64   石橋思案の「寧馨児」(博文館)。題は「ねいけいじ」と読む。「すぐれた子供」「神童」の意。元々「寧馨」は、晋代の俗語で「このような」という意味で、のちに人の子をほめる語となった。石橋の小説はイギリスのマリア・エッジワースの「Lame Jervas(びっこのジャーヴァス)」の翻案物。 

« 人を呪わば穴二つ | トップページ | こんな言葉、知らなかった「乳臭」 »

「日本文学」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 人を呪わば穴二つ | トップページ | こんな言葉、知らなかった「乳臭」 »

最近のトラックバック

2017年3月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31