無料ブログはココログ

« 啄木と橘智恵子 | トップページ | ゴムで興りゴムで滅びたマナウス »

2014年6月11日 (水)

漱石と猪飼健彦

Photo_3   夏目漱石29歳のときの手紙と俳句が、和歌山の民家で発見された。愛媛県尋常中学校の同僚教師だった猪飼健彦に宛てた手紙で、明治29年4月8日付となっている。「花の朝 歌よむ人の 便り哉」「死にもせで西へ行くなり花曇」など俳句も添えられている。猪飼は明治元年生まれの国語・漢文の教師で、漱石と文学上の交遊があったらしい。

« 啄木と橘智恵子 | トップページ | ゴムで興りゴムで滅びたマナウス »

「日本文学」カテゴリの記事

コメント

漱石の「こころ」が、今また朝日新聞に連載されています。ホッと一息の時間に読むのにちょうど良い量で、しかもぐいぐいと引き込まれます。本もあるのに、少しずつ暗転して行く主人公の内面に、結末はわかっていても、最初に読んだ頃と同じ感覚を味わうことができる、天才漱石の筆致に脱帽です。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 啄木と橘智恵子 | トップページ | ゴムで興りゴムで滅びたマナウス »

最近のトラックバック

2017年3月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31