無料ブログはココログ

« 未知の女の手紙 続 | トップページ | 「箸が転んでもおかしい年頃」の出典について »

2014年6月 2日 (月)

タイトルで損をした映画、成功した映画

Img_753283_33922167_0    内容はいいのにタイトルがパッとしないで損をした映画がある。 三船敏郎・小林桂樹の「戦後派お化け大会」(1951年)。「箱根山」(1962年)若き頃の加山雄三、星由里子の黄金コンビなのに題名があまりに淡白すぎる。市川雷蔵の「影を斬る」(1963年)は眠狂四郎のようなニヒルな剣士を期待するが、実はコメディ。「パンツの穴・花柄畑でインプット」(1985)、「パンツの穴・ムケそでムケないイチゴたち」(1990)は入館するのも気恥ずかしい。「たどんとちくわ」(1998年)客を恫喝するタクシー運転手と芸術家ぶった売れない小説家の話。「死霊の盆踊り」(1965年)のアメリカにお盆があるのか。富田靖子、福山雅治の「ほんの5g」(1988)。5gとはパチンコ玉1個の重さのこと。パチンコ玉の正確な重さは5.4~5.7g。少年と不思議な生き物との交流を描いた「めめめのくらげ」(2013)。アラン・レネの「ヒロシマ、モナムール」(広島、わが愛)が「二十四時間の情事」。

Img_1473543_51739406_0    NHK朝ドラ「あまちゃん」が好評だったが、むかしから海女の映画はいろいろあった。「ちんころ海女っ子」(1965年)は中村晃子の海女もの。「小さな浜辺に、でっかいヒップ、もっこりバストがユーラユラ、磯のアワビが泣いている」と意味不明のキャッチコピー。洋画に邦題をつけるとき、全く似ても似つかないタイトルがつけられることがある。「DAMON OF PARADISE」(楽園の悪魔)が「彼女がトカゲに喰われたら」、「What about BoB?」が「おつむて・ん・て・んクリニック」である。

Demons_of_paradise_a

« 未知の女の手紙 続 | トップページ | 「箸が転んでもおかしい年頃」の出典について »

「映画・テレビ」カテゴリの記事

コメント

タイトルといえば、キャスリン・ターナーが色っぽい悪女の極みを演じた「白いドレスの女」。「青いドレスの女」というのもあるし、あの人気番組「相棒」のいちばん最初の杉下右京と亀山薫が出会う第一回目は「赤いドレスの女」

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 未知の女の手紙 続 | トップページ | 「箸が転んでもおかしい年頃」の出典について »

最近のトラックバック

2017年3月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31