無料ブログはココログ

« 一縷の望み | トップページ | イスラーム世界の発展 »

2014年6月20日 (金)

徐元太(じょげんたい)

74998t4qjr_b   明代の類書「喩林(ゆりん)」120巻を1615年に編纂した徐元太(1536-1617)に関して百科事典、人名辞典の類には収録されず、詳しいことはこれまでほとんど一般人には分からなかった。徐元太、字は汝賢。宣城(安徽省)の人。しかし近年、大阪教育大学の佐藤一好が「徐元太の生涯と喩林」学大国文36(1993年2月)に論文を発表しているらしい。

「喩林」は古人の喩言(たとえ話)をあつめて、造化、人事、君道、臣術、徳行、文章、学業、政治、性理、物宜に分類し、出処を注記している。

« 一縷の望み | トップページ | イスラーム世界の発展 »

人国記」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 一縷の望み | トップページ | イスラーム世界の発展 »

最近のトラックバック

2017年5月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31