無料ブログはココログ

« むすめふさほせ | トップページ | アイスクリーム産業の父・ヤコブ・フッセル »

2014年5月27日 (火)

西洋美術史の導入者・沢木四方吉

Img_0002    沢木四方吉(1886-1930) さわきよもきち。秋田県男鹿市に生れる。1912年ヨーロッパへ留学。西洋美術史を初めてわが国に導入した。病弱のため43歳で没し、その著作は少ない。生前①から③を著わすが、死後弟子たちによって④から⑧まで刊行される。

①美術の都 日本美術学院 1917

②レオナルド・ダ・ヴィンチ その前半生 東光閣書院 1925

③ギリシャ美術概観(大思想エンサイクロぺヂア) 春秋社 1929

④西洋美術史研究 下 ルネサンスの部 岩波書店 1931

⑤西洋美術史研究 上 ギリシャの部 岩波書店 1932

⑥西洋美術史論攷 慶応出版社 1942

⑦ギリシア美術 大丸出版社 1948

⑧美術の都 岩波書店 1964 (岩波文庫1998年)

« むすめふさほせ | トップページ | アイスクリーム産業の父・ヤコブ・フッセル »

「文化・芸術」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« むすめふさほせ | トップページ | アイスクリーム産業の父・ヤコブ・フッセル »

最近のトラックバック

2017年5月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31