無料ブログはココログ

« モースはバナナが好物 | トップページ | 中世インドは暗黒時代ではなかった »

2014年5月 1日 (木)

盗人島

201005130002_000    長崎県の大村湾に浮かぶ小さな島。盗人(ぬすっと)島。陸地と結ぶ30個ほどの石が連なり、島への飛び石になっている。いつ誰が設置したのか何もわからない。島は木が数本生えているだけで、周囲数十メートルの小島である。島の名前は、島の真ん中に物を置いて島を3周すると、物がなくなっているとの言い伝えから生まれたらしい。

« モースはバナナが好物 | トップページ | 中世インドは暗黒時代ではなかった »

「地理」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« モースはバナナが好物 | トップページ | 中世インドは暗黒時代ではなかった »

最近のトラックバック

2018年7月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31