無料ブログはココログ

« 「仙台」地名の由来 | トップページ | エポニムは雑学の王道 »

2014年5月24日 (土)

カルパッチョは画家の名前

Carpaccio   カルパッチョといえば生の牛肉や魚介類を薄切りにし、オリーブオイルなどをかけたイタリア料理をいう。いまではスーパーのお惣菜売り場にもある。日本でその名前が広まったのは1980年代以降のことではないだろうか。それまでの人は「カルパッチョ」と聞くと、ベネチア派の画家を想起していた。偶然に同名なのかと不思議に思っていたら、カルパッチョという料理はそんなに古い料理でくなく、1950年のベネチアのシェフ、ジュゼッペ・チプリアーニが医者に生肉を食べることをすすめられた伯爵夫人のために創作した料理なのだ。その頃、画家ヴィットーレ・カルパッチョの展覧会が開かれていたから命名したそうだ。このように人名から新たな名称に転訛することをエポニムという。現在の日本人がカルパッチョと聞けばイタリア料理と思い、本家である芸術家の存在を知らないことはとても悲しいことである。

« 「仙台」地名の由来 | トップページ | エポニムは雑学の王道 »

「ことば」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 「仙台」地名の由来 | トップページ | エポニムは雑学の王道 »

最近のトラックバック

2017年5月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31