無料ブログはココログ

« 吉田屋お妻、兵頭精 | トップページ | マンホールの蓋が丸いのはなぜか? »

2014年5月 1日 (木)

うきは市と篠原泰之進

Main

    石川県に「かほく市」がある。哲学者の西田幾多郎の出生地である。「かほく」とは漢字で河北と書く。やはり平仮名だと変な感じがする。福岡県南東部に「うきは市」がある。「うきは」とは漢字で「浮羽」と書いた。市のイメージがわかない。ウキィペディアで調べると、村田英雄、鳥越俊太郎の出身地である。そして新選組の篠原泰之進とある。司馬遼太郎「新選組血風録」で耳をジャブジャブ水で洗う男として登場するので印象深いが、この逸話は司馬の創作だった。現在29の「ひらがな市」が存在する。むつ、つがる、にかほ、いわき、つくば、ひたちなか、かすみがうら、つくばみらい、さくら、みどり、さいたま、ふじみ野、いすみ、あきる野、かほく、あわら、みよし、あま、いなべ、南あわじ、たつの、さぬき、東かがわ、うきは、みやま、えびの、いらき串木野、南さつま、うるま。

« 吉田屋お妻、兵頭精 | トップページ | マンホールの蓋が丸いのはなぜか? »

「地理」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 吉田屋お妻、兵頭精 | トップページ | マンホールの蓋が丸いのはなぜか? »

最近のトラックバック

2018年7月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31