無料ブログはココログ

« 捨てる生き方 | トップページ | ドッペルゲンガー 見たら死ぬ »

2014年5月13日 (火)

ドーデ決闘する

Alphonsedaudet1   1840年のこの日、アルフォンス・ドーデは南フランスのニームの絹織物業者の家に生まれた。「風車小屋だより」は最初「エヴェヌマン」紙に発表されたが、このときドーデは「マリー・ガストン」という筆名であった。この作品によって、文学的成功をおさめたが、なぜかドーデは生涯アカデミー会員にはなれなかった。背景には当時の会派、グループの敵対関係があったのだろうか。このことで、揉め事が起きて剣で決闘する。ジャーナリストのアルべール・デルピ(1849-1893)に傷を負わしたこともある。晩年は脊髄癆のため、57歳で亡くなった。ペール・ラシェーズに墓がある。なおドーデの兄エルネスト(1837-1921)はジャーナリスト、歴史家として、むすこレオン(1867-1942)は王党派のジャーナリストとして、ともに名高い。ドーデは画家ゴッホも愛読していたという。(Allphonse Daudet)

著作目録
恋する女たち 1859
風車小屋だより 1866
プティ・ショーズ 1868
陽気なタルタラン 1872
アルルの女 1872
タラスコンのタルタラン 1872
月曜物語 1875
ジャック 1876
ル・ナバブ 1877
流言の王者 1879
ニュマ・ルメスタン 1881
サファ 1884
アルプスのタルタラン 1885
ある文学者の思い出 1888
パリの三十年 1888
ポール・タラスコン 1890
若いフロモンと兄リスレール

« 捨てる生き方 | トップページ | ドッペルゲンガー 見たら死ぬ »

「世界文学」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 捨てる生き方 | トップページ | ドッペルゲンガー 見たら死ぬ »

最近のトラックバック

2017年12月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31