無料ブログはココログ

« 2014年4月 | トップページ | 2014年6月 »

2014年5月31日 (土)

古い雑誌を読む

   2000年から2001年頃の古い雑誌、新聞を読む。イチロー、松坂大輔、高橋尚子。モーニング娘。も全盛期だった。FRY DAY2000年10月13日号、周防玲子キュートでキケンな4ポーズ、内山理名「18歳のキャミソール」、週刊ポストもヘアヌードで売り上げを伸ばしていた。毎日新聞2001年1月1日号の記事「新世紀 新しい成熟美で迫ります」常盤貴子、小雪、水野美紀、石田ゆり子を紹介。週刊大衆2000年11月6日号セクシー台風、巨乳5人娘」上陸。小池栄子、佐藤江梨子、川村亜紀、松岡ゆき、坂井優美は同じイエローキャブ所属でグラビアなどで活躍。

眠る小僧

Amaetabozu   小僧さんが木魚を枕に居眠りしている置物がある。みうらじゅん著「いやげ物」(筑摩文庫)で「あまえた坊主」とネーミングしている。子ども坊主は一休とも雪舟とも言われるが定かではない。全国各地の土産ものとして販売されているが、そのルーツは中国やアジアにあるらしい。

Middle_1367242105

Photo

2014年5月30日 (金)

チュコト半島

Photo  アメリカ合衆国のアラスカ州の西端がスワード半島。ベーリング海峡を挟んで対岸にあるのがロシアのチュコト半島である。ここにはチュクチ族が住み、トナカイの牧畜を行っている。ヤランガと呼ばれるテントに住みトナカイとともに移動する遊牧生活を送る。Chukotka Peninsula、Seward Peninsula

「飢餓海峡」と「砂の器」

   以前から水上勉「飢餓海峡」と松本清張「砂の器」は共通するものがあると感じていた。水上勉は28歳で「フライパンの歌」がベストセラーとなったものの、その後10年、鳴かず飛ばずで、不本意ながら洋服の行商をしていた。1957年、東武電車の駅で松本清張の「点と線」が連載されている「旅」を買った。水上は清張の簡潔な文体に感心した。清張より10歳年下の水上勉は「点と線」をならって「霧と影」を執筆する。共産党トラック部隊に想を得た、忘れられない作品である。続いて「海の牙」「耳」で直木賞候補となり、1961年「雁の寺」で直木賞を受賞する。「飢餓海峡」も、人生の縮図が見事に描かれている清張の「砂の器」に影響された作品である。

国木田独歩の出生の秘密

Ip120227tan000018000_0000_mobj   国木田独歩(1871-1908)。7月15日(新暦8月30日)、千葉県銚子の母の生家で生れる。父専八、母(淡路)まん。幼名は亀吉、明治22年7月、哲夫と改む。明治30年以後は主として独歩を筆名とする。独歩の出生については異説が多い。

    通説によると、独歩の父親は、播州龍野藩の脇坂氏の家臣で国木田専八という人物とされている。専八は、明治4年に函館の五稜郭に立籠った榎本武揚討伐に仕立てた船の乗組員であり、その船が銚子沖で暴風雨にあった。助けられて銚子の吉野屋という宿屋に滞在中、そこで働いていた淡路善太郎の長女まんという女と知り合い、明治4年に独歩を生んだということになっている。

    ところが、まんはこれより先に雅治郎という米穀商と結婚していたが、事情があって別れ(他に死亡説あり)、同旅館に奉公中であった。しかし一説によると専八とまんが出会った時にはすでに子供を連れていたという。専八が銚子に着いたのは明治4年ではなくて、早くても明治5年以後だろう。旧戸籍では以上の事情を反映して、亀吉が雅治郎の子であり、まんが亀吉を連れて専八に嫁したと記載されている。この戸籍面を信ずる限り、独歩が専八の実子でないとする説が生まれるが、戸籍以外の事実から判断すると、独歩を専八とまんの実子とするのが妥当である。なお出生年月にもいくつか異説がある。当時専八には故郷の竜野霞城町に妻とく、他三男があった。明治7年には、専八は母の死を契機に先妻とくを離別し、まん、亀吉と共に上京している。東京下谷徒士町脇坂旧藩邸内に別に一家を構えた。明治8年8月7日より司法所省に出仕していた専八は、明治9年3月22日、山口県山口裁判所に奉職のため、一家同地に転任。5月31日、専八は妻とくと正式に離婚、倉太郎、弁太郎、のぶとも事実上絶縁した。

   独歩は山口の小学校時代(錦見小学校)時代に出生の秘密を明らかにされて、しばしば、はっきりと「おまえは徹底的に隠し通せ」と言われたという。独歩は自分の出生の秘密を誰にもあかさなかったが、「運命論者」にはそのまま、養父が「出生の秘密を明らかにするな」と云ったことが中心になっている。独歩の全作品を通じて「孤児」を扱ったものが多いが、孤児という言葉自体も多い。また直接孤児を扱っていないにしても、何か孤独な、生れ故郷も肉親もないところからくる人生の哀感が全体にしみついている。それは、たえず自分の出生に思いをこらしていた、孤児の感慨に襲われていた独歩の深層心理と考えると非常にはっきりしてくるのではないだろうか。

悲別(かなしべつ)

Kanasibetu    美人演歌歌手の川野夏美が「悲別」という切ない歌を歌っている。悲別(かなしべつ)という駅名や地名は本当に北海道に存在するような気がするが、「全駅名ルーツ事典」を引いてもない。架空の地名である。なぜ在りそうな感じがするのか?。「シベツ」とはアイヌ語で「サケのたくさんいる川」という意味で「標津」という地名もある。かつて倉本聰の「昨日、悲別で」というドラマがあったからだろう。ドラマの舞台となった「悲別駅」は、函館本線上砂川支部の終着駅「上砂川駅」であるが、1994年5月に廃止になった。悲別駅の駅名標の写真をみると、かつて現実に存在していたかのような錯覚にとらわれる。

センスって何?

Photo_4    センスという言葉は、よく使われるわりに、定義があいまいである。何がセンスが良くて、何がセンスが悪いのか、時代とともに変わるだろうし、個人、個人によっても感じ方が異なるであろう。

    東京大学の池谷裕二准教授が雑誌にわかりやすい解説をしている。上の画像の絵に並んだ数字の、四角の部分に何が入ると思いますか、というテストをする。ほとんどの人は「8」と答える。理由は「左の数字を順番に2倍していった数字の並び方だから」と説明できる。次に、下に描いたふたつの図形を、宇宙人が使う未知の文字だと想像してください。一方が「ブーバ」、一方が「キキ」と発音する文字だったとする。どちらかの文字がブーバでどちらがキキでしょうか。ほとんどの人は、左のギザギザの方を「キキ」、右の曲線を「ブーバ」と答えるそうだ。その理由は「なんとなく」としか説明できないが、このテストは世界中どこでも、同じ結果がでるそうだ。これはドイツの心理学者・ヴォルフガング・ケーラーが言語音と図形の印象との連想について報告されたものに基づいている。つまりセンスとは、言葉で説明できない「直感」である。そして直感=センスは訓練によって磨かれる。運動のセンス、美的センス、会話のセンス、すべて同じである。

   しかし、磨かれた現代的なセンスは、ともすれば単純でマンネリ感をともなうものである。ヨーロッパの芸術でも古典主義に対してバロックが生れたし、日本でも室町時代に婆娑羅が現われた。1960年代にはサイケデリックが流行した。つまり芭蕉の言う「不易流行」というのは「不易」と「流行」という正反対のもであるが、根元においては一に帰すべきもの、という風雅の心得であろう。

    なぜこのようなことを問題にするかというと、店のイメージとして、品のよい、センスのよい店というのは、お客にとっても心地よいものであろうが、あまり整然としていると何か希薄感、空虚感があって、かえって落ち着かない、という。どこか雑然とした感じはあるが、ゴミゴミした猥雑な感じはなく、掘り出し物や未知の発見があると感じ、古色蒼然とした中に落ち着いた品のよさがでる、そのような知的空間を創出するのが夢である。(参考文献:「リアルシンプル2008.11」)

2014年5月28日 (水)

実篤のトルストイ信奉と離反

778117fe2f0a760a89798dacc2809769    映画「終着駅トルストイ最後の旅」(2009)を観る。20世紀初頭、ロシア文藝思潮は世界的な影響を与え、とりわけトルストイはわが国にも絶大なる影響を及ぼした。武者小路実篤は学習院在学中にトルストイに傾倒して仲間とサークル活動をした。1908年4月最初の本「荒野」(警醒社)を自費出版したが、その中に収録された諸作品にはトルストイの影響が色濃く現れていた。東大を中退し、十四日会をつくり、毎月創作を批評しあった。1910年に「白樺」を創刊。その思想の実践においては、宮崎県木城町に1918年「新しき村」を開村している。ただし実篤は1924年に離村し、村に居住せずに会費のみを納める村外会員となったため、実際に村民となったのはわずか6年である。やがて実篤の作品からはトルストイの影響は消えていく。次第に自我欲が高まるとともにトルストイを窮屈なものに感じ、自己の個性を第一にすべきであるとのエゴイズムを前面に押し出していく。1936年欧州旅行を契機として、実篤は戦争支持者になってゆく。トルストイの平和思想と離別し、戦争賛成の立場をとった。そのため戦後は公職追放とされた。

奈良時代の都と地方

Pc_1124911359
 小野市「広渡廃寺跡復元伽藍模型」

仏教によって国家の安定をはかる鎮護国家思想は奈良時代の特徴である。

仏教の広がり

    聖武天皇(701-756)は天平13年には国分寺建立の詔を出し、国ごとに国分寺・国分尼寺を設けることにした。大仏造立などの大事業も、その仏教信仰に基づいたものである。造立時の大仏は表面が黄金で覆われていた。昭和48年から50年にかけて兵庫県小野市で記録にない古い廃寺跡が発見された。7世紀後半頃に建立された古代寺院跡で現在の地名から広渡廃寺跡」(こうどはいじあと)と呼ばれている。(小野市広渡町304-1)東西両塔、金堂、講堂などが確認され、奈良の薬師寺と同じ伽藍配置であったことが明らかとなっている。

平城京と貴族の生活

    平城京が唐の長安や北魏洛陽城を模倣したものであることは、むかしから言われてきたが、近年の研究によれば、藤原京の発展したもので、直接長安を模したものではないとする考えもある。しかし続日本紀に、「帝王が都を作って壮麗でなければ万国の使者をいかんせん」とあることから、中国を意識していたことは明らかである。ただし、異民族の侵入を防ぐのが第1の目的であった中国の都城に対して、日本の都は軍事的色彩の濃いものではなく、きわめて政治的な都市であった。

地方と人々の生活

   全国の国々は畿内(大和・河内・和泉・山城・摂津の五畿内)と七道(東海道・東山道・北陸道・山陰道・山陽道・南海道・西海道)に分けられた。諸国はさらに国・郡・里(郷)の地方行政組織に編成されていた。中央と地方を結ぶ交通制度としては、都を中心に畿内から七道の諸国に向かう官道が整備され、約16㎞ごとに駅家を設ける駅制度がしかれ、役人が公用に利用した。各地で一定の規格の道幅(6-12m)をもって直線的に伸びる古代の官道遺跡が発掘調査により発見されている。

2014年5月27日 (火)

温帯気候

温帯には4つの気候に分けられる。季節風が吹く温暖湿潤気候、温暖冬季少雨気候、夏に乾燥する地中海性気候、偏西風の影響を受ける西岸海洋性気候。

Ondann Delhi

Tichukai Seigann












ラーマ・カムヘーン大王

Rama_khamheng    1279年、タイのスコータイ王朝3代目のラーマ・カムヘーンが即位した。王は仏教を保護し国教とし、マレー半島やカンボジアに領土を広げ、スコータイ朝の最盛期を現出した。またタイ文字を制定するなど、文化面の功績も大きい。Rama Khamheng(1239-1299)、ラーマ・カムヘン

基礎代謝

Kangoshi88    古今東西を問わず、どの国でも、いつの時代でも、女性は常に男性より長生きする。わが国の江戸時代の男女平均寿命は記録がないが、200年前のヨーロッパでは女性は男性よりも約3歳長生きだったという。なぜなのか?その理由は女性の方が基礎代謝が少ないからと考えられる。基礎代謝とは、生命を維持するのに必要な最小のエネルギー代謝のこと。1日に必要な基礎代謝は女性が1200㎉、男性が1500㎉とされる。基礎代謝が少ないことは、少ないエネルギーで生きていくことができる、つまり効率の良い身体だということになる。

西洋美術史の導入者・沢木四方吉

Img_0002    沢木四方吉(1886-1930) さわきよもきち。秋田県男鹿市に生れる。1912年ヨーロッパへ留学。西洋美術史を初めてわが国に導入した。病弱のため43歳で没し、その著作は少ない。生前①から③を著わすが、死後弟子たちによって④から⑧まで刊行される。

①美術の都 日本美術学院 1917

②レオナルド・ダ・ヴィンチ その前半生 東光閣書院 1925

③ギリシャ美術概観(大思想エンサイクロぺヂア) 春秋社 1929

④西洋美術史研究 下 ルネサンスの部 岩波書店 1931

⑤西洋美術史研究 上 ギリシャの部 岩波書店 1932

⑥西洋美術史論攷 慶応出版社 1942

⑦ギリシア美術 大丸出版社 1948

⑧美術の都 岩波書店 1964 (岩波文庫1998年)

むすめふさほせ

Photo_2

    1235年のこの日、藤原定家によって小倉百人一首が完成された。百人一首で一字決まりの歌の初めの音を並べると「むすめふさほせ」となる。「娘房干せ」、つまり娘さんが襷がけで干し物をしている姿を想像する。さらにネットで調べると、「房」を「乳房」と解して、「上着がじゃまなようですから、どうぞ遠慮しないで、上半身裸で干し物をしてください」という意にとっているものもある。ケペルは百人一首をすべて暗記していないし、競技かるたをすることもないので、7枚の札を把握する必要もないが、どんな歌が挙げてみる。(5月27日)

 「村雨の露もまだひぬまきの葉に 霧たちのぼる秋の夕暮れ」(寂蓮法師)

 「すみの江の岸による浪よるさへや 夢の通ひぢ人目よくらむ」(藤原敏行朝臣)

 「めぐりあひて見しやそれともわかぬまに 雲がくれにし夜半の月かな」(紫式部)

 「吹くからに秋の草木のしをるれば むべ山風をあらしといふらむ」(文屋康秀)

 「さびしさに宿を立ちいでてながむれば いづこも同じ秋の夕暮れ」(良暹法師)

ほ 「ほととぎす鳴きつる方をながむれば ただ有明の月ぞ残れる」(後徳大寺左大臣)

 「瀬を早み岩へせかるる滝川の われても末に逢はむとぞ思ふ」(崇徳院)

アルメロの悲劇

Omaira    1985年9月11日、南米コロンビアにあるネバドデル・ルイスの火山爆発で火砕流・泥流災害により、アルメロの町は壊滅し、約2万3000人が死亡した。Nevado del Ruiz

ローマ法大全と春木一郎

Ohasi_phot04   中央大学図書館には法制史学者の春木一郎(1870-1944)が長年にわたり収集したローマ法関係の洋書1776冊が所蔵されている。ユスティニアヌス1世の勅令によって編纂された「ローマ法大全」の注解書をはじめ、16世紀から20世紀にいたる法学者の主要著書が収集されている。春木一郎は1894年東京帝国大学法科大学を卒業後、ドイツ留学を経て、京都帝国大学、東京帝国大学教授と歴任。主著に「儒帝法学撮要語纂訳」「ユースティーニアーヌス帝学説彙纂プロータ」などがある。晩年は病床にあり、また潔癖で容易に著書の公刊を許さず、出版は少ない。戦後、門下の吉田五郎のノートによって「羅馬法講義」が公刊されている。

富士山とフルーツ牛乳

0e04f2b4

   10月10日は「銭湯の日」(せんとお1010の語呂合わせ)。ここ30年ほど町の銭湯へ行ったことがない。入浴料を知らない。日本一高いという東京都内の銭湯の入浴料金は2014年7月から6年ぶりに値上げされる。大人は10円高い460円なり。

   都会の銭湯にペンキ絵が現れたのは大正時代という。大正元年、神田猿岩町にあるキカイ湯の店主、東雄三郎が子どもが喜んで銭湯に入れるようにと思い、川越広四郎画伯に依頼してペンキで富士山の絵を描かせたのが始まりという。

  映画「テルマエ・ロマエ」ではローマの浴場設計技師の阿部寛が現代の日本にタイムスリップして銭湯の富士山を見たり、フルーツ牛乳を飲んだりする。ローマに帰ってヴェスビオス火山の絵が描かれていた。昭和30年代にタイムスリップして、もう一度銭湯に入って、フルーツ牛乳やコーヒー牛乳を飲んで、映画館のポスターを眺めてみたい。

日本海海戦

Kinenkan10

   ドラマ「坂の上の雲」。ロシアのバルチック艦隊がシンガポール沖を通過して北上してきた。問題は日本近海におけるバルチック艦隊の航路である。朝鮮海峡を通って日本海を抜けてウラジオストックへと向うのか、太平洋を迂回して津軽海峡を抜けてウラジオストックへと向うのか。東郷平八郎は、朝鮮海峡で待機する決断を下した。参謀たちの不安は消えない。1905年5月27日、哨戒任務に出ていた信濃丸から敵艦隊発見との電報が入った。東郷は「敵艦見ユトノ警報ニ接シ、聯合艦隊ハ直チニ出動、之ヲ撃滅セントス」と電文を作成した。首席参謀の秋山真之は、その文に「天気晴朗ナレドモ波高シ」と加筆した。天気が晴れていることは敵艦を狙いやすい。そして波が高ければバルチック艦隊の砲撃の命中率が低くなるということを伝えたと言われる。そして13時55分、戦艦「三笠」のマストにZ旗が掲げられた。「皇国の興廃この一戦にあり、各員一層奮励努力せよ」連合艦隊主力はなんと敵前で横腹を見せるかたちで、相手の進路をさえぎるT字戦法にでた。そして主力以外の艦は、南下して敵艦隊の後尾を突いた。まさに、日本艦隊の圧勝であった。

2014年5月26日 (月)

打球が股間を直撃

    昭和30年6月7日。後楽園球場で行われた巨人対中日戦の出来事である。中日の杉下投手の投げたシュートが打者の藤尾の股間の一物に命中してしまった。藤尾は激痛に悶え苦しみ、脂汗が流れ出した。ラジオの実況中継をしていた志村アナウンサーは「当たりました。杉下のうなるような剛球が、なんと藤尾の金・・・」。志村はここまで言いかけたが、さすがにあとの言葉がでない。そこで解説の小西得郎は落ち着いた調子で「なんともうしましょうか」と少し間をおいてから、「藤尾君の今の痛さばかりは、ご婦人には絶対、わからない痛さでして…」と言った。これが大いに受けた。

3020    本日の巨人対日ハム戦。杉内投手が6回近藤の打球を左太ももに受けて、負傷交代した。解説の桑田は「もし急所だったら、大変なことになっている。ぼくは股間パットをしていた。少年野球にも是非パットをするようにしてほしい」と語った。最近は野球用品で局部保護用カップが販売されている。インナープロテクターで価格は1296円なり。

和田心臓移植事件 1968年(昭和の記録)

C0070093_1317298   1968年8月8日、北海道小樽市の海岸でおぼれた大学生の山口義政さんの心臓を、心臓弁膜症で入院していた宮崎信夫さん(当時18)に移植する国内初、世界で30例目の心臓移植手術を札幌医大の和田寿郎教授(1922-2011)が実施。患者宮崎信夫は同年10月29日死亡。その後、宮崎さんの心臓病は本当に移植しなければならないほど重症だったのか、山口さんは本当に脳死だったのか、といった疑問が大学内部からも噴出した。和田教授は1968年、殺人の疑いで告発された。札幌地検は、1970年、「証拠不十分」として不起訴処分にしたが、数々の疑義は学会などでも解明されなかった。

日本のポップス史1960年前後

    SP盤から17cm45回転シングル盤に移行した頃に登場した音楽がロカビリーである。石原裕次郎主演の映画「陽のあたる坂道」(昭和33年)で腹違いの弟のジミー小池(川地民雄)が新人歌手としてジャズ喫茶で歌う場面があるが、当時の雰囲気がよくでている。ちなみにこの石坂洋次郎の原作小説だが、なんとなく田代信次(石原裕次郎)が「エデンの東」のキャルに似ているように感じるのはケペルだけだろうか。

0ea51e89     ともあれ日本のポップス史の劈頭を飾るのは、まず小坂一也とワゴンマスターズであろう。ウエスタンから派生してロッカビリーが登場し、十代の女性を中心に絶大な人気を博した。昭和31年にプレスリーの日本語カヴァー「ハートブレイクホテル」、「アイウォントユー・アイニードユー・アイラブユー」、昭和32年にプレスリーとジェームズ・ディーンの映画主題曲をカップリングしたA面「優しく愛して」B面「ジャイアンツ」が、SP盤と併行して発売された。昭和32年の秋には都内のジャズ喫茶でロカビリー人気が沸騰。これに目をつけた渡辺プロダクションが昭和33年2月、日劇ウエスタン・カーニバルを開催したところ大成功だった。平尾昌章、ミッキー・カーチス、山下敬二郎がロカビリー三人男と呼ばれた。さらに清野太郎、飯田久彦、藤木孝、佐々木功、フランツ・フリーデル、鹿内タカシ(鹿内孝)、スリー・ファンキーズ、克美しげる、ほりまさゆき、清原タケシ、ジミー時田、竹田公彦、坂本九、田辺靖雄、ジェリー藤尾、鈴木やすし、紀本ヨシオ、瀬高明、沢雄一、倉光薫、目方誠などの歌手がでた。また歌謡曲とポップスとは未分化であるが松島アキラ、守屋浩、井上ひろし、佐川ミツオ(佐川満男)、石橋イサオ、北原謙二、菊池正夫(城卓矢)などがいる。北原謙二は「若いふたり」で歌謡曲のイメージがあるが、「北風」というウエスタンの古典をヒットさせている。

    このようにロカビリーははじめ男だけの世界であったが、アメリカでコニー・フランシスやブレンダ・リーといったガール・シンガーが人気を集めると日本でも女性ポップスが続々でてくる。これまでもジャズ歌手としての江利チエミ、雪村いずみは依然として人気者だったが、テレビ時代になって昭和34年「可愛い花」でザ・ピーナッツがデビューすると、テレビの「ザ・ヒットパレード」「シャボン玉ホリデー」のレギュラーとして活躍しはじめ、森山加代子、田代みどり、渡辺トモ子、斎藤チャ子、弘田三枝子、中尾ミエ、青山ミチ、木の実ナナ、伊藤アイコ、園まり、後藤久美子、ベニ・シスターズ、梅木マリ、安村昌子、麻生京子、伊東ゆかり、スリー・グレイセス、伊藤照子、梶原マチ子、小野ヒロ子、槇みちる、沢リリ子、甲山紀代、梓みちよ、富永ユキ、九重祐三子などのアイドルが活躍した。カヴァー・ポップス全盛期であるので、コニー・フランシス、ジョニー・ソマーズ、シルビー・バルタン、ミーナ、ウィルマ・ゴイク、スキーター・ディヴィス、ペギー・マチー、フランス・ギャルといった世界のヒット曲を子供でも歌えることができた。昭和40年になってベンチャーズ、アストロノウツなどの来日によりエレキ・ブームが起こった。東京ビートルズやスパイダースがデビューしたが、昭和41年6月のビートルズ来日は日本ポップス史の画期的出来事であった。その直後の昭和41年7月のブルー・コメッツの「青い瞳」がでて、日本でもヴォーカル&インストゥルメンタル・グループが可能であることが実証された。昭和42年になると、マスコミはこれら歌中心のエレキ・バンドを「グループサウンド」と命名した。とくに昭和42年2月「僕のマリー」でデビューした沢田研二をはじめとする京都出身のタイガースが、十代の少女達を中心に爆発的な人気を得た。ジャッキー吉川とブルーコメッツ、田辺昭知とザ・スパイダース、寺内タケシとブルージーンズ、加山雄三とランチャーズ、ザ・サベージ、ワイルド・ワンズ、テンプターズ、ゴールデン・カップス、フィンガーズ、ジャイアンツ、ジャガーズ、カーナビーツ、オックス、レイジャーズ、ヴィレッジ・シンガーズ、シャープ・ホークス、シャープ・ファイブ、ズー・ニー・ブー、ザ・リガニーズなど団塊の世代らしく昭和42年から44年までに100有余のグループがレコード・デビューし、500種近くのシングルが発売された。

   昭和40年、エイミー・ジャクソンの「涙の太陽」がヒットし、女性がビートに乗ったパンチのある曲を歌った。昭和42年2月、黛ジュンがミニスカートで「恋のハレルヤ」を歌って、ビート・ガールの時代が始まる。歌謡曲の女王の美空ひばりがブルー・コメッツをバックにして「真っ赤な太陽」(昭和42年6月)を歌ったのには正直、驚いた。黛ジュンは「霧のかなたに」(昭和42年7月)、「乙女の祈り」(昭和43年1月)とヒットを連発し、「ひとりGS」の女王的存在だった。とくに「乙女の祈り」の「恋にもえる胸の願いはひとつ、好きな人とかたく結ばれたい」と歌い出しにサビの部分をもってきた「ひとりGS」の特徴を現した名曲といえるだろう。昭和42年10月には中村晃子の「虹色の湖」がヒットした。中村晃子は数年前からテレビにででいたキュートな娘だったが、オールスターワゴンというバックに支えられてヒットに結びついた。翌年には渡辺プロがバックアップした梢みわ「恋のバイカル」がヒツトしている。「シャボン玉ホリディー」など人気歌番組に出演したこととパンチのきいた歌唱法、キュートなルックスで黛ジュンの路線を継承したものである。そのほかに小畑ミキ、葉山エツコ、響かおる、木の実ナナ、鍵山珠理、金井克子、奈美悦子、久美かおり、恵とも子、泉アキ、ジュディ・オング、朱里エイコ、万里れい子、山本リンダ、小山ルミ、由美かおる、ミッチー・サハラ、はつみかんな、麻里圭子、堀内美紀、江美早苗、徳永芽里、川奈ミキ、木下節子、水沢有美、浅尾千亜紀などがいる。いしだあゆみ「ブールライト・ヨコハマ」以前は人気はあったものの、ヒット曲に恵まれなかったが、「太陽は泣いている」(昭和43年3月)が「ひとりGS」の特徴がよくでている。

   このほか60年代活躍した歌手でポップ&歌謡曲の区別のつかないシャンソン、ラテン、ハワイアン、ジャズ、フォーク各種ジャンルの大物歌手としては、フランク永井、笈田敏夫、ジェームズ繁田、旗照夫、ペギー葉山、高英男、芦野宏、ウイリー沖山、アイ・ジョージ、水原弘、越路吹雪、藤沢嵐子、石井好子、朝丘雪路、岸洋子、坂本スミ子、西田佐知子、日野てる子、布施明、ジャニーズ、マイク真木、荒木一郎、ちあきなおみ、奥村チヨ、高田恭子など多数いる。

プーシキンの妻

Photo_6
 ナターリア・プーシキン

   世界史には悪妻と呼ばれる女性がいる。ソクラテスの妻クサンティッペは後妻だという説もあるが、2人にはかなりの年齢差があったらしい。怒りっぽい気性だといわれるが、後世のつくり話かもしれない。作曲家モーツァルトの妻コンスタンツェ、トルストイの妻ソフィヤ・アンドレーエヴナを世界三大悪妻と呼ぶらしい。チャイコフスキーの妻アントニーナ・イヴァノヴナ・ミリュコーヴァとの結婚生活も悲劇的なものだった。ロシア最高の国民詩人プーシキンの妻ナターリアも悪妻の一人といえるだろう。ダンテスとの情事を知り、プーシキンが決闘を申し込み、その傷がもとで37歳の若さで亡くなった。

2014年5月24日 (土)

カルパッチョは画家の名前

Carpaccio   カルパッチョといえば生の牛肉や魚介類を薄切りにし、オリーブオイルなどをかけたイタリア料理をいう。いまではスーパーのお惣菜売り場にもある。日本でその名前が広まったのは1980年代以降のことではないだろうか。それまでの人は「カルパッチョ」と聞くと、ベネチア派の画家を想起していた。偶然に同名なのかと不思議に思っていたら、カルパッチョという料理はそんなに古い料理でくなく、1950年のベネチアのシェフ、ジュゼッペ・チプリアーニが医者に生肉を食べることをすすめられた伯爵夫人のために創作した料理なのだ。その頃、画家ヴィットーレ・カルパッチョの展覧会が開かれていたから命名したそうだ。このように人名から新たな名称に転訛することをエポニムという。現在の日本人がカルパッチョと聞けばイタリア料理と思い、本家である芸術家の存在を知らないことはとても悲しいことである。

「仙台」地名の由来

Top6     広瀬川の左岸、昔の宮城野の一部を占める東北地方の中心都市・仙台。もともと仙台城跡には伊達政宗以前に当地方を領していた国分氏のかつての居城「千代城」(せんだいじょう)があった。近くに千体の仏像を納めた「千体仏(せんだいぶつ)」という仏堂があったことから、国分氏は「国分家が千代続くように」との願いを込めて、「千体」→「千代」と呼ぶようになった。

   伊達氏が千代を支配するようになると、伊達政宗は漢の文帝建造の壮大な宮殿「仙遊観」を唐の詩人・韓翅(かんこう)が讃えて読んだ漢詩「同題仙遊観」の中の「仙臺台初観五城楼」から、これを「仙台」と改めたという。

    なお「東奥老士夜話」などによれば、築城候補地として石巻の日和山ほか城下南の野手口)(大年寺山)、同東の榴ヶ岡などがあげられ、うち榴ヶ岡を希望地としたが、第一希望は幕府が認めまいと千代城を求めたところ願いどおりになったという。

2014年5月22日 (木)

女性の書斎・ひとり好き

Why20is20chastity20important2020av0    私設図書館「女性の書斎・ひとり好き」は、アット・ホームな雰囲気の中で芸術・文化に親しみながら読書が楽しめる環境を提供します。ゆっくりと自習もできます。只今、「昭和レトロ展」を開催中。未曽有の敗戦を乗り越え、未曽有の繁栄を築いた昭和。平成もすでに26年になるが、昭和の記録をもう一度ふり返ってみてはいかがでしょう。

◆女性専用(ただし土・日曜は男性も入館できます)◆入館料200円(何時間でも均一料金)◆小学生以下無料◆営業時間 12時~18時◆場所:兵庫県宝塚市伊孑志3-16-26

03_2

2014年5月21日 (水)

幻想読書室

Photo_2

   僕はよくリュウ・ド・セーヌなどの通りの小さな店先を通りすぎる。古道具屋、古本屋、銅版画屋などの店が、窓いっぱい品物を並べている。誰もはいっていく人はいない。ちょっと見ると、商売などをしていそうに見えぬくらいだ。しかし、店の中をふとのぞきこんでみると、誰か彼か人間がいて、知らん顔ですわったまま本を読んでいる。明日の心配もなければ、成功にあせる心もない。犬が機嫌よさそうにそばに寝ている。でなければ、猫が店の静かさをいっそう静かにしている。猫が書物棚にくっついて歩く。猫は尻尾の先で、本の背から著者の名まえを拭き消しているかもしれない。こういう生活もあるのだ。僕はあの店をそっくり買いたい。犬を一匹つれて、あんな店先で二十年ほど暮らしてみたい。ふと、そんな気持ちがした。( リルケ「マルテの手記」)

   まるでケペルの店「女性の書斎・ひとり好き」のような風景が100年ほど前のパリには実際に存在していたのだろうか。あの店が何屋さんかは明らかではない。ともかく古い本が読める、店があることだけは事実だろう。リルケの「マルテの手記」は小説ではあるが、20世紀初頭のパリの情景が、リルケの目(小説ではマルテになっているが)を通して、折々の思索のように綴られている。筋のようなものはないので、通読するには難解なものであるが、リルケのブログと思えば興味深々、熟読玩味できる作品である。リルケは国民図書館(ビブリオテク・ナシオナル)にはよく通ったらしく、図書館の記述もあるが、リルケが20年ほど店先で暮らしたいといったこの幻想の読書室の正体は謎である。

2014年5月20日 (火)

中将姫伝説

Photo    岐阜県岐阜市にある願成寺の境内に中将姫誓願桜がある。この桜は婦人病に霊験があるとされる。

    中将姫は美貌と才能に恵まれていたが、継母にいじめられ、奈良の当麻寺に入り尼となる。その後、仏の助力を得て一夜で当麻曼荼羅を織ったとされる。月岡芳年が描く中将姫の傍らに蛇がいるが、これは継母の姿であろう。ツムラ(前身・津村順天堂)の婦人薬「中将湯」のモデル。

Photo_2

マドロスと咸臨丸

Img_0317

     マドロスを広辞苑で引くと、簡単に「海員。水夫。船乗り。マタロス」とある。最近は耳にすることなく、ほとんど死語に近い。オランダ語「マタロス」(matros)が語源だそうだ。初めて太平洋を往復した咸臨丸はオランダ船だから、そのとき「マドロス」という言葉は伝来したのかもしれない。明治、大正には「マドロス」は文献に見える。だが「マドロス」物という歌謡曲のジャンルができるほど人気だったのは戦後、岡晴夫や美空ひばりの全盛期であろう。昭和25年の東映「マドロスの唄」(久我美子、龍崎一郎)がある。おそらく東映の初期の作品である。

ハワイのスイーツ&料理

Osoonomalasadas Photo_3
    マラサダ        ココパフ

   揚げパンのようなマラサダは、もともとはポルトガルのドーナツ風の菓子で、移民とともにハワイへ渡り、今ではハワイのローカル・スイーツの代表となっている。ハワイではシュークリームのことを「クリームパフ」と言うが、カリビにあるリリハベーカリー製のクリームパフは「ココパフ」と呼ばれて、ココア味のシュークリームで、1日に6000個が売れる。ハワイ料理といえばロコモコ。デミグラソースのハンバーグに半熟目玉焼きをのせて、サラダをそえたもの。(Malasada,Coco Puffs)

Photo_4
    ロコモコ

ムンバイのダッバワラ

Photo_2    インドの大都市ムンバイには、職場へ昼の弁当を届けるダッバワラという人々が5000人以上いる。配達するのはステンレス製の円柱型の弁当缶。その起源は英領植民地時代にさかのぼり、「ダッバ」とは「箱、容器」、「ワラ」は「~する人」という意味。(dabbawala)

2014年5月19日 (月)

アラフォー女優論

936fullandiemacdowell     ハリウッドでは女優は40歳過ぎると仕事がなくなるという。ラブ・コメの女王メグ・ライアン(42歳)も一時のような人気はなくなった。だが例外もいる。メリル・ストリープ。「マディソン郡の橋」(1995)のときが46歳だが、現在64歳。もちろん太って容色は衰えたが演技の幅は大きくなった。「恋するベーカリー」(2009)を見たが、邦題のようなソフトな内容ではなく、初老でもセックスは大事だというようなメッセージととれる。原題は「It's Complicated Excerpt」意味は「ちょっと複雑」とか「話が込み入ってて」という味のあるタイトル。「恋するベーカリー」という題名はおそらく「恋する惑星」からの流行だろうがセンスがない。知的で洗練された美しさで他の女優とは一線を画するアンディー・マクダウェル(56歳、画像)も個性的な存在である。ところでメリル・ストリープやアンディー・マクダウェルのようなタイプの日本女優をさがしても見つからない。吉永小百合は別格として、松坂慶子や桃井かおり、薬師丸ひろ子あたりかもしれないが、主演作品が撮れるほどの人気はないだろう。中山美穂(44歳)がアラフォー女優の代表かもしれない。「サヨナライツカ」「新しい靴を買わなくちゃ」は失敗作だった。25日から放送されるドラマ「プラトニック」に期待したい。

アジアの民族衣装

2010123001766_0   アジアは40ヵ国ある。アジアの民族衣装で有名なのは中国のチャイナドレス、ベトナムのアオザイ、朝鮮のチマチョゴリ(画像)、インドのサリーなどである。シンガポールやインドネシア、マレーシアのイスラム教徒は、女性はカラフルなスカーフ(アラビア語でヒジャブ)を被っている。男性は白いイスラム服カンドーコに白い帽子(ソンコ)を被る。インド人男性はターバンを被る。(saree,chima jeogori)

Photo_2
東南アジアのイスラム系の一般的スタイル

限りなき追跡

Carey_fury

    駅馬車を襲われ、婚約者を連れ去られた男が限りなく追跡を始めていく西部劇。ロック・ハドソンがようやく主演級スターとして売り出した頃の作品。その後「ジャイアンツ」「武器をさらば」など健康的で男らしい二枚目としてハリウッドに君臨したが、1985年エイズに感染し、同性愛者であることが報じられ、59歳で亡くなった。共演のドナ・リードはハドソンより4歳年上で婚約者というには薹がたった感がするが、同年「地上より永遠に」でアカデミー助演女優賞を受賞している大スターだった。無法者の首領役のフィル・ケリーをはじめ、レオ・ゴードン、ネヴィル・ブランド、リー・マーヴィンらが脇を固めている。

Amdphilipcareyjpg Leo_gordon_19222000
 フィル・ケリー             レオ・ゴードン

Neville_brand_1966 Leemarvinhangmansknot
 ネヴィル・ブラッド     
           リー・マービン

犬と水差しを持つ田舎娘

Img_0001
「犬と水差しを持つ田舎娘」(部分)1785年 サー・アルフレッド・バイト准男爵蔵

    トマス・ゲインズバラ(1727-1788)は、フランスのロココ美術と17世紀オランダの風景画の双方の影響を受けつつ、イギリス人やイギリスの田園風景を独自の感覚で描いた。晩年における「ファンシー・ピクチャー」といわれる人物画は風景がロマンティックな世界をつくり上げて、19世紀風景画の先駆的役割を果たした。「犬と水差しを持つ田舎娘」はゲインズボロの「ファンシー・ピクチャー」の代表的作品である。物思いに沈む子供の表情は魅力的で、最高の出来ばえをみせている。

   トマス・ゲインズバラ(ゲーンズボロ)は南サフォーク地方の市場町として繁栄するサドバリーに生まれた。父親は羊毛業者だったが、後年には事業に失敗し、職を変えて郵便局長となっている。トマスは創造性にあふれた一家の9人兄弟の末っ子として育った。彼はロンドンで絵の修業をしたのち、故郷に帰って肖像画家となり、やがてファッショナブルな町バースに移り住むと、ヴァン・ダイクの後継者にふさわしい肖像画家としての評判を築きあげた。

2014年5月17日 (土)

牧野の戦いとモーセ出エジプトの年代学

    周の武王が殷の紂王を破り、周王朝が天下を治めることになった牧野の戦いの西暦年代には諸説ある。①前1122年②前1111年(董作賓「殷暦譜」)③前1066年(新庄新蔵)④前1050年(水野清一「殷周文化の進展」)⑤前1046年(周武王11年)⑥前1027年(陳夢家「殷墟卜辞綜述」)などが主な説である。①から⑥までおよそ100年の誤差がある。⑤説を採る学者が多いが定説はない。中国古代史で確定している実年代は、2つある。1つ目は、周公・召公の2人が統治した年を共和元年といい、前841年のことである。2つ目は、犬戎が周に侵攻し、鎬京が陥落し、幽王が殺された前771年である。

   モーセに率いられたイスラエル民族がエジプトを脱出した西暦年代も諸説があり確定していない。キリスト教史家の間には、ラムセス2世を「出エジプト記」に登場するユダヤ人を奴隷から解放するようにモーセが要求したファラオとする説が有力である。ラムセス2世の在位期間も①前1290-前1224②前1279-前1212③前1279-前1212、と諸説ある。モーセの出エジプトを前1280年とする説と前1230年とする説がある。さらにラムセス2世の在位期間が異常に長いが、次代のファラオ、メルエンプタハ(在位前1213-前1203)の治世に出エジプトがあったとする説もある。

   つまり世界史で紀元前13世紀から紀元前9世紀までは、事件の年代を確定するまでにはいたっていない。ローマ建国を紀元前753年としているが、これも便宜的なもので、近年のウェッレイウス・パテルクルスの説によると紀元前745年としている。後代になればなるほど誤差の小さくなっている。(Rameses,Merenptsh)

2014年5月16日 (金)

レオンハルト・フックスとフクシア

Fuchsia2   下向きに咲く上品な花姿から「女王様の耳飾り」と呼ばれるアカバナ科の植物フクシア。もともと夏涼しい中南米で生まれた花なので、高温多湿の日本の夏には向かなかったが、今では温室などで育種している。ドイツ人の医者で植物学者のレオンハルト・フックス(1501-1565)にちなんで名付けられた。フックスの著書は50冊を超えるが、その大半は医学書であり、植物の分野では「植物誌」(1542年)で知られる。

Leonhart_fuchs_de_historia_stirpium Lawson

モンローとコーラ

Jeanpeters10sized   光あるところに影がある。映画「ナイアガラ」(1953年)はマリリン・モンロー主演でセクシー・シンボルとして世界中の男性の注目を浴びた。しかし、この作品にはジーン・ピータース(画像)という当時、売り出しの女優も共演している。彼女は「ナイアガラ」の後、「愛の泉」「折れた槍」「アパッチ」と出演し、ハワード・ヒューズと結婚し映画界から引退した。

  映画「ナイアガラ」にはコーラが出てくる。コカコーラの独特の「くびれ」のある瓶は、理想の女性の体のライン。ヒップが上がり、ウエストがくびれたホディ・ラインはマリリン・モンローのようである。当時の日本人がコーラの味を知っていたとは思われない。コーラは1886年に発明され、1919年には日本に輸入されている。しかし戦前は適性品で誰も飲むことはでなかった。第二次大戦下、コーラは世界に広がったアメリカ軍に支給され、押収品として一部の軍人が飲んでいたようだ。連続ドラマ「梅ちゃん先生」のコーラの話が出てくる。梅子が代用品でコーラを密造する。本当にあった話かは定かでない。日本コカコーラ株式会社の社史によると、製造開始は1957年6月25日である。したがって、映画「ナイアガラ」公開時、ほとんどの日本人はおそらくコーラを知らなかっただろう。

2014年5月15日 (木)

シーボルト事件のかげに間宮林蔵

Mamiyar1    国禁地図を国外に持ち出そうとしたことが発覚して、国外に追放されたシーボルト。このことを密訴したのは間宮林蔵だといわれる。1828年9月シーボルトから林蔵のもとに小包が届けられた、彼は開けずに勘定奉行に差し出した。このことが発端となって事件が起こった。地図と航海記を交換した役人高橋景保は獄死し、多くの関係者が処罰された。のち林蔵は隠密となって、さびしい一生を送ったという。

ドイツ女優列伝

  日本で人気があったドイツ女優といえば10本の指で数えるほどである。戦前のマルレーネ・ディートリッヒやリリアン・ハーヴェイは人気があったが、ナチスドイツで亡命したため活躍期間は短かった。ディートリッヒはハリウッドで活躍した。ポーラ・ネグリはポーランド人でツァラ・レアンダーはスウェーデン人である。

   戦後のマリア・シェルはオーストラリア人だが、「居酒屋」「女の一生」といったフランス作品の出演が多かった。ロミー・シュナイダーはアイドル的な人気があったがアラン・ドロンとの話題の印象がつよい。「朝な夕なに」(1957)のルート・ロイヴェリクは一時日本でもよく知られた女優だった。演技派ではマーゴット・カーステンゼン(「ペトラ・フォン・カントの苦い涙」)。容姿・スタイル抜群で世界中の男性に愛されたナスターシャ・キンスキーはドイツ人。ドイツ戦後最高の女優は「リリー・マルレーン」(1981)のハンナ・シグラだろうか。最近は「ほどけてゆく人妻」(2008)のダニエラ・ヴッテ。(Margit Carstensen,Hanna Schygula)

MarlenedietrichbreakupquoteT_lilian_harvey_furZarah000600fullmariaschell90_carstensen2_silveri27275028224463Romyschneider6920153651_50970a32a5_z

マルレーネ・ディートリッヒ、リリアン・ハーヴェイ、ツァラ・レアンダー、マリア・シェル、マーギット・カーステンゼン、ルート・ロイヴェリック、ハンナ・シグラ、ロミー・シュナイダー、ナスターシャ・キンスキー

Daniela_wutte
 ダニエラ・ヴッテ

一夜でむなしい(1867年)武家政治

Ekkounokisyokan1

   「慶喜が大政奉還した今は、一夜でむなしい武家政治」と1867年を暗記する。慶応3年11月、坂本龍馬が後藤象二郎宛てに書いた手紙の草稿が東京で見つかった。一般家庭に保管されていて、20年~30年前に「父が骨董品売場で1000円で買った」と話している。倒幕後の新政府の構想などが書かれており、たいへん貴重な歴史的史料である。現在、高知県立坂本龍馬記念館で展示中。ちなみに手紙の価格は1500万円くらいするといわれる。

アテネの裁判は美人がトク

Photo_6

    アテネで民主政がすすむと衆愚政となり、役人はクジで定められた。裁判は陪審制だった。有名なソクラテスは神々の信仰をきずつけ、青年に悪い影響を与えるという理由で、死刑の宣告をうけた。国外逃亡をすすめるものもいたが、ソクラテスは、毒杯をあおいで静かに死んでいった。フリュネという高級娼婦があるとき訴えられた。雄弁家たちが彼女のために弁護してくれたが効果がなく、有罪になりそうだった。そのときフリュネは法廷でパッと裸になった。すると陪審員たちは、「こんな美しいからだに悪い心が宿っているはずがない」といって、彼女を無罪にした。日本中が固唾をのんで見守った小保方晴子の記者会見。彼女が涙を流すと擁護する人が相次いだという。いつの世も美人はトクである。

老子・孔子・釈迦は同時代に生きたかもしれない

Sansei1    仏教の開祖、釈迦(ガウタマ・シッダールタ)の生没年は分からない。前563年(一説に前565年、あるいは前463年)に現在のネパールのターライ地方ティラウラコットのカピラヴァストゥで生まれたといわれる。つまり老子、孔子、釈迦は前6世紀の人で、同時代に生きたと考えられる。

ゲーテとベートーベン

Beethoven014

    ゲーテ(1749-1832)はベートーベン(1770-1827)やシューベルト(1797-1828)が作曲した歌曲を聴いて「まるで自分の子供が他人の衣装を着せられたのを見るようだ」と言っている。ベートーベンはゲーテの詩に「五月の歌」をはじめ数曲の作品を残している。ベートーベンはなかなかの読書家であり、死後、彼の部屋には約300冊の本があり、文学、哲学、宗教が中心であった。その中には、シェークスピア、カント、そしてゲーテの本もあった。 

    ゲーテはベートーベンのことを「その才能には驚くほかないが、残念なことに傍若無人な人柄だ」と話している。ゲーテとベートーベン、2人は1812年に出会っている。63歳のゲーテが41歳のベートーベンを訪ねてきた。場所は保養地テブリチェの森。二人は散歩しながら、会話していたが、この頃すでに耳疾のきざしをみせていたベートーベンは大声で話していたようだ。そのとき、向こうからハプスブルグ家のルドルフ大公の一行と遭遇した。ゲーテは、脱帽して、恭しく一行の通り過ぎるのを待ったが、ベートーベンは貴族たちを無視した。ケーテはベートーベンの非礼を咎めると、彼は肩をすくめて「皇太子は世界に何人もいるが、ベートーベンはただ一人だ」といった。ゲーテはこの言葉にあきれて、以来、絶交したといわれる。 

    ベートーベンが亡くなると、その演奏の困難性などの理由からベートーベンは早くも忘れられた存在になりつつあった。ところが12歳のフェーリクス・メンデルスゾーン(1809-1847)が師匠のカール・フリードリヒ・ツェルター(1758-1832)の紹介でワイマールのゲーテ邸に2週間ほど滞在することがあった。72歳のゲーテは12歳の少年メンデルスゾーンの才能を気に入り二人の交流がはじまった。メンデルスゾーンもゲーテを尊敬し、ゲーテの詩から序曲「最初のワルプルギスの夜」を作曲している。またメンデルスゾーンはベートーベンの作品もこよなく愛してしたので、老ゲーテにベートーベンの曲をきくことを奨めた。メンデルスゾーンはゲーテがベートーベンを誤解したまま、この世を去るとしたら、とても不幸なことだとおもったのだろうか。彼はピアノでベートーベンの「運命」をひき始めた。この世ではついに理解しあうことの無かったゲーテとベートーベン、偉大な芸術家のためにメンデルスゾーンは心をこめて弾いた。ゲーテは耳を傾けていたが、そのうち彼の目は、じーっと部屋の一点をみつめたままになった。「ゲーテにも、とうとうベートーベンの良さがわかったのかな」とメンデルスゾーンは思ったが、彼が弾き終わって立ちあがったとき、開口一番はこうだった。 

「ぶったまげた曲だ。じつにぶったまげた曲だ。なんてひどいんだ。この曲はただ人を驚かすだけだ。いまにも家が崩れ、屋根が落ちてきそうな曲だ。もし、これをオーケストラで演奏していたら、いったいどんなことになったろう」 

   食事のときも、ゲーテは盛んにそのことを思い出してため息をついたが、最後まで彼の口からは、ベートーベンへのほめ言葉は聞かれなかった。 

   これまでゲーテとベートーベンの二人の関係は、このようなエピソードで示されるように不仲説が伝えられていたが、近年の研究では、二人はその芸術性を理解していたとする新見解もでているようである。(参考:桐生操「あぶない世界史3」福武文庫)

2014年5月14日 (水)

奥付と大岡越前守

Photo_2   大岡越前守忠相は白洲にのぞんで裁きをするとき、いつも毛抜きを用意しておいた。10~15㎝もあるバカでかい毛抜きであごひげを抜きながら、目をとじて考えにふけったという。これも心を平静に保って、公正な裁判をできるようにという用心のためだった。 書物の巻末頁に、著者や発行者、印刷所、発行年月日などを記載した部分がある。これを奥付と呼んでいる。これは江戸町奉行、大岡忠相(1677-1751)が海賊版を取り締まるために定めた触書に由来する。「何書物によらす、此以後新板之物、作者并板之実名、奥書に為致可申候事」(新作書籍出板儀に付触書)とある。中国でも、わが国の奥付にならって、清国には奥付のある書物が現れたが、民国になって西洋にならい、扉の裏やタイトルページの次に版権標示が置かれるようになった。

OKの生みの親はジャクソン

Asset_upload_file232_12011   第7代アメリカ大統領アンドリュー・ジャクソン。彼は正規の学校教育を受けておらず、書類を書き間違えることも、しばしばだった。大統領になってから、書類に許可を与えるとき、All Corectと書くつもりで、まちがって Oll Korect と書いてしまった。OKという言葉は、ここから誕生したといわれている。

2014年5月13日 (火)

ケッペンの気候区分

Koppen   ドイツの気候学・気象学者ウラジミール・ペーター・ケッペン(1846-1940)の祖父はロシアの宮中付医師で、父は経済学者、歴史学者。青年時代クリミアで過ごし、のちぺテルブルグ、ハイデルベルク、ライプチヒ大学で学び、「気温と植物の成長」という卒業論文を提出。卒業後、ペテルブルグの観測所でおもに天気図作成の仕事をした。1873年第1回国際気象会議に出席、国際気象機関の設立と、平均値を出すための観測法、観測時の統一とを提案した。その会で知ったノイマイヤー(1826-1909)によってドイツの海洋気象台に勤めた(1875-1918)。初め4年は種々の気象業務にたずさわったが、のち自由な地位で研究に専念した。1918年には植物や森林の分布に基礎をおいて考案した「ケッペンの気候区分」を発表した。

なぜ植物に注目し、世界の気候区分を行ったのか?それは動物だと移動するから。ここの気候区分といっても移動すれば分からなくなる。つまり植物を選んだ理由は動かないからである。

    ケッペンは月平均気温と降水量とによって次のような気候型に分けた。記号を組み合わせることによって、種々の細かい気候を区分したが、ここでは省略する。(Wladimir Peter Koppen)

  A 熱帯気候
  B 乾燥気候
  C 温帯気候
  D 冷帯気候
  E 寒帯気候

           世界の気候帯
World_climates_map_jp

秦の始皇帝の母、朱姫

20070918143200_4315_    戦国の末、趙の都邯鄲に商用に出かけた韓の陽翟の豪商呂不韋は、偶然、秦の太子安国君の庶子の子楚が人質としてこの都に住んでいることを知った。その時、この商人は「この奇貨居くべし」(これはすばらしい掘り出し物だ。買っておこう)と口走った。すぐさま子楚に秦の太子になれる希望を抱かせ、ついで、その財力によって、ついにほんとうにこの一介の庶子を太子とすることに成功した。そして彼は、自分の子のみごもっていた朱姫を子楚にとつがせた。その生まれた子が後の始皇帝(前260-前210)である。かくして呂不韋の野望はみごとに達成された。

   始皇帝の母の実名は「史記」に記されていないが、後の小説類では趙姫、あるいは朱氏となっている。駒田信二は「朱姫」と呼んでいる。朱姫は歌と舞にかけては邯鄲の妓女たちの中でその右に出る者はないといわれている美女であった。しかし、後世の小説家たちは彼女を淫婦と呼んでいる。

   前249年、子楚は荘襄王となる。前247年、荘襄王死す。政(のちの始皇帝)秦王に即位する。まだ13歳だった。前238年、朱太后の乱行が暴露され、嫪毒の一族は皆殺しとなる。朱太后は萯陽宮(ぶようきゅう)という小さな離宮に移した。翌年、呂不韋は罷免され、2年後自殺する。朱太后はそれから7年後、前228年、50歳で死ぬ。萯陽宮に移されてから死ぬまでの10年間、かわるがわる男を引き入れて倦むことを知らなかったという。秦王政、のちの始皇帝は、父なる王は実の父ならず、実の父は死に追いやった。その母は淫乱に明けくれ、その同母の弟たちは殺さねばならなかった。秦王政は、孤独な生い立ちであった。(参考:駒田信二「世界の悪女たち」)

「滝の白糸」と「マダムX」

26634_madame_x___photo_madamex1  シェークスピアの「ハムレット」はトマス・キッドの「スペインの悲劇」が種本といわれている。そして志賀直哉の「暗夜行路」。時任謙作の境遇はハムレットと叔父クローディアスとの関係と相違するものの悩める王子という点は共通するものがある。志賀は活動写真でハムレットの芝居をみたそうで、そこから着想をえたらしい。スピリの「ハイジ」(1880年)も1830年ごろドイツで出版されたヘルマン・アダム・フォン・カンプの「アルプスの少女アデレード」に筋が酷似している。これなどは盗作といえるシロモノ。

   尾崎紅葉の「金色夜叉」もパーサー・M・クレーの「女より弱きもの」に似ているが盗作というより翻案、あるいは着想を得たと言うべきか。夏目漱石の「草枕」の冒頭部分「山路を登りながら、かう考えた」の件(くだり)もイプセンの長編詩「高原にて」から着想をえたものらしい。不思議なのは新派の「滝の白糸」である。水芸人・滝の白糸は苦学生・村越のために仕送りをして勉学を助ける。やがて検事となるが、誤って高利貸しを刺殺した白糸を裁くことになる。原作は泉鏡花の小説「義血侠血」(1894年)。川上音二郎一座が翌年には初演している。アメリカ映画に「マダムX」という有名な作品がある。これまで10回も映画化されているが一番有名なのはルース・チャッタートンの1929年の映画。しかしこれはリメイクで1920年の映画が最初。原作はアレクサンドル・ビッソンの戯曲で1908年。男女の恋を「マダムX」では母ものに変えているがプロットは似ている。「滝の白糸」と「マダムX」との間に関連性はなく、偶然に似たような話ができただけなのだろうか。ビッソンより以前に原作があり、それを鏡花が翻案した可能性もありうる。(MadaneX,Alexandre Bisson,Hamlet)

ドッペルゲンガー 見たら死ぬ

E89   テレビ「日本のうた」を観ていると、和田青児という歌手が恩師の大庭脩先生(東洋史)に生き写しのように似ている。たしかに 「自分と瓜二つの人は世界に3人はいる」という。アラン・ドロンの映画「世にも怪奇な物語」というオムニバスの1編はポーの「ウィリアム・ウィルソン」を映画化したものだったが、この現象を「ドッペルゲンガー」(自己像幻視)という。そして、もし自分と瓜二つの人間に遭遇すると、それを見た自分は近い将来死んでしまうという。

   芥川龍之介はドッペルゲンガーを見ていたらしい。芥川の死の前日、編集者が芥川家を訪ねた。そして机の上にある、書きかけの小説を見つけた。「新作ですか?ちょっと拝見してもよろしいですか」彼が原稿に手を伸ばそうとしたとき、「それに触るな。それは失敗作だ」と芥川は突然叫んで原稿を全て破り捨てた。芥川のあまりの気迫に驚いた編集者は、その日は帰ることにした。翌日の朝、再び編集者が芥川家を訪ねてみると、芥川は死んでいた。だが、芥川の破り捨てたはずの小説の原稿がなぜか完全な形で机上に置かれていたという。(Doppelganger)

ドーデ決闘する

Alphonsedaudet1   1840年のこの日、アルフォンス・ドーデは南フランスのニームの絹織物業者の家に生まれた。「風車小屋だより」は最初「エヴェヌマン」紙に発表されたが、このときドーデは「マリー・ガストン」という筆名であった。この作品によって、文学的成功をおさめたが、なぜかドーデは生涯アカデミー会員にはなれなかった。背景には当時の会派、グループの敵対関係があったのだろうか。このことで、揉め事が起きて剣で決闘する。ジャーナリストのアルべール・デルピ(1849-1893)に傷を負わしたこともある。晩年は脊髄癆のため、57歳で亡くなった。ペール・ラシェーズに墓がある。なおドーデの兄エルネスト(1837-1921)はジャーナリスト、歴史家として、むすこレオン(1867-1942)は王党派のジャーナリストとして、ともに名高い。ドーデは画家ゴッホも愛読していたという。(Allphonse Daudet)

著作目録
恋する女たち 1859
風車小屋だより 1866
プティ・ショーズ 1868
陽気なタルタラン 1872
アルルの女 1872
タラスコンのタルタラン 1872
月曜物語 1875
ジャック 1876
ル・ナバブ 1877
流言の王者 1879
ニュマ・ルメスタン 1881
サファ 1884
アルプスのタルタラン 1885
ある文学者の思い出 1888
パリの三十年 1888
ポール・タラスコン 1890
若いフロモンと兄リスレール

2014年5月12日 (月)

捨てる生き方

   遺品の整理をしている。老人世帯で二人ともかなりの浪費家だったようである。衣類、日用雑貨類が多い。古新聞、古雑誌を保存したり、スーパーのレシートまで20年前のものまである。段ボールだけらの室内は寝る場所もないほどだった。17年前に引っ越した荷物がそのままの状態だった。また毎日のように日記をつけているので紙類が膨大に保管されている。長期保管しても無意味なものばかりである。たしかに買い物したときのレシートはすぐ捨てずに持ち帰る人が多いだろう。捨てずにメモなどに使うが、長期保管してしまいがちである。自分の室内を見回してもいつか利用できるだろうと空き箱や紙袋がたくさんたまっている。捨てる生き方をして、ほこりを払い清潔な生活をしたいものである。

地名、人名をルーツにした名称の由来

Badmintondrawinglrg

   エポニムとは、既に存在する事物の名に因んで二次的に命名された言葉のこと。ジーンズはイタリアのジェノバで製造され、外国へ輸出されたことからジェノバという地名に由来する。デニムも同様にフランスのニームに由来する。バドミントンはイギリスのグロースターシャーにあるボーフォート公の所領と邸館の名称。1870年代、バドミントンが考案されて、ここの地名が競技の名称として広まった。

898900041f596749   新発見の地名には発見者などの名前をつかわれることが多い。有名なのはアメリカの名の由来、アメリゴ・ベスプッチだろう。エベレスト、マゼラン海峡、ビクトリア湖、ビスマーク諸島、クック諸島、間宮海峡、タスマニア島などもよく知られている。タスマニア島の発見はオランダの探検家アベル・タスマン(1603-1659)である。ブーゲンビル島は発見者のブーガンヴィル(1729-1811)に因む。ギルバート諸島も発見者のイギリス人のトーマス・ギルバート船長に因む。マーシャル諸島もイギリス東インド会社に属するジョン・マーシャル船長に因んでいる。南極のロス海は発見者ジェームズ・クラーク・ロス(1800-1862)に因んでいる。カナダ北東にある大きなハドソン湾は1610年に湾を探検したヘンリー・ハドソンに因んでつらられた。同じくカナダにあるドーソンという山は発見した地理学者ジョージ・マーサー・ドーソンに因む。ニューヨークはオランダからイギリスの支配下に移った1664年、ヨーク公に因んでニューアムステルダムからニューヨークと改称された。ペンシルヴェニアはウィリアム・ペンにちなむ。カナダのバンクーバーは探検家ジョージ・バンクーバーに因む。

    モスクワの東方400㎞にある都市ゴーリキーは文豪マクシム・ゴーリキーに因んで付けられたが1990年、旧名ニジニ・ノヴゴロドに戻った。中央アメリカにあるニカラグアは酋長二カラオ(Nicarao)に因んでつけられた。カナダのバンクーバーは英探検家ジョージ・バンクーバーに由来する。アメリカのペンシルバニア州はウィリアム・ペンに因んで「ペンの森」(ペンシルバニア)と命名された。ニュージーランドの首都ウエリントンはワーテルローの戦いでナポレオンに勝利したウエリントン卿にちなんでいる。ベトナムのサイゴンは革命家ホーチミンの名前にちなんで改名した。月形町は月形潔、道玄坂は大和田道玄に因んでいる。

Vitusbering1sized   アジア大陸と北アメリカ大陸との間にあるベーリング海峡。デンマークの探検家ヴィトゥス・ベーリング(1681-1741)に因む。近年に発見された遺骨から推測するベーリングは肖像画(画像)とは大きく異なっていることが判明した。

( keyword;Magellian,Bering,eponym,Thomas Gilbert,John Marshall,Abel Tasman,Vancouver,badminton,jeans,Genova,denim,nimes )

2014年5月11日 (日)

日本人の耳には変に聞こえる名前

780img_42271

  「世界歴代統治者名辞典」(ジョン・E・モービー著)を見ると、世界の王・皇帝・カリフ・スルタン・マハーラージャー・太守・選帝侯・君主・軍人指導者などの名前が載っている。日本人からすると失礼ではあるが、音韻のため笑える名前もある。ハワイの王様カメハメハKamehamehaが日本語の歌になっているは、音韻からくる可笑しさからであろう。モンゴルの革命家チョイバルサンやシャムの王様チュラーロンコーンChulalongkornも好きな響きである。ユーゴスラビアにはウンコビッチという名前の駐中国大使がいた。フィンランドにはアホ首相や、小説家のユハ二・アホ、スキージャンプの選手にヤンネ・アホネンがいた。ちなみにノキアジャパンの前社長はウコンマーンアホという。

大津事件2人の車夫のその後

    忠臣蔵で松の廊下、浅野内匠頭を羽交い絞めにして刃傷をとめたため世間から一生非難され続けた不運な男、梶川与惣兵衛がいた。大津事件の向畑治三郎と北駕市市太郎も梶川と同じような運命をたどった。

   1891年5月11日、ロシア皇太子ニコライが大津で警官・津田三蔵に斬りつけられた。この事件で重傷を負った皇太子を助けた2人の人力車の車夫は国民的英雄となった。ロシアからは一時金2500円と終身年金1000円が贈られた。日本政府からも勲章と年金36円というご褒美が与えられ、大金持ちになった。だが、1904年、日露戦争が始まると状況は一変した。敵国のロシア皇帝が、かつて彼らが助けたロシア皇太子だったからである。もちろんロシア側から支給されていた年金も取り消された。2人は世間の羨望と妬みの対象となった。向畑は博打と女などの遊興に明け暮れ金を浪費した。70歳を過ぎると少女暴行事件で勲位も剥奪され、1928年74歳で死去した。独身だった北駕市には妻になりたいという女性が殺到した。彼は車夫をやめて郷里の加賀市で、田畑を買い堅実に暮らした。しかし日露戦争が始まると世間から「露探」と呼ばれ白い眼で見られた。堪りかねた北駕市は「そんなに露探というなら俺を兵隊にとってくれ、そうでないことを戦場で証明してやる」と言った。1914年54歳で死去。

テネシー・ワルツ

Photo   久保智恵美(後の江利チエミ)は、駐留軍のキャンプ巡りでドリス・デイやローズマリー・クルーニーの持ち歌を歌って「エリー」の愛称で人気があった。ある日、進駐軍兵士ケネス・ボイドから「テネシー・ワルツ」のレコードをもらった。チエミはすぐに聞いて覚えた。だがレコード各社のテストを受けたが次々に落ちる。昭和26年、キングレコードのディレクター和田寿三や牧野剛は「テネシー・ワルツ」を聞いて衝撃を感じた。そのとき米軍キャンプショーで「テネシー・ワルツ」をレパートリーにしていたチエミは、すでに独自の日本語で歌う試みをしていた。その詞を下敷きにして、和田が音羽たかし、というペンネームで日本語歌詞を作り直した。「14歳の天才ジャズシンガー誕生」というキャッチフレーズで売出されたレコードは、発売2年間で40万枚という大ヒットになった。

   「テネシー・ワルツ」はアコーディオン奏者であり、カントリー・バンドのリーダーでもあるピー・ウィー・キングが1946年に作曲した曲に、歌手レッド・スチュワートが詞をつけ、1948年にレコーディングしたカントリー・ソング。1950年にパティ・ペイジが歌って大ヒットした。恋人と「テネシー・ワルツ」を踊ったとき、友人に恋人を紹介したが、その友人が恋人を私から奪ってしまったという悲しい歌である。チエミがGIから贈られたレコードはジョー・スタッフォードとP・W・キングの「テネシー・ワルツ」だといわれる。

   この「テネシー・ワルツ」はのちに州歌にもなったが、ナッシュビルはカントリー・アンド・ウェスタン、メンフィスはブルースと、テネシー州はアメリカ音楽の盛んな土地柄でもある。江利チエミはNHKの紅白歌合戦に16回も出場しているが、なぜか代表曲である「テネシー・ワルツを1度も歌っていない。(Jo Stafford)

2014年5月10日 (土)

ローマ帝国とキリスト教公認

Img02713     ローマ帝国は、国家の神々の尊崇を人民の義務とはしたが、諸宗教に寛容なことが統治の良策であると考え、国家宗教を外形的に認めるならば、これとならんで他宗教を崇拝することは妨げなかった。キリスト教は、その特異な性格のため異教徒の民衆のあいだで早くから憎悪されていたが、はじめユダヤ教の一派と認められていたから、アウグストゥス、ティベリウス、カリグラ、クラウディウスなどの皇帝たちはおおむね寛容に取り扱っていた。国家による迫害はきわめてまれで、64年のネロの迫害も、ローマ市の大火災の責任を民衆に憎悪されているキリスト教徒に転嫁しようという特殊事情にもとづくものであり、迫害の範囲もローマ市に限られていた。エルサレム陥落後、キリスト教とユダヤ教の対立、キリスト教の独立の存在が明らかとなり、つづいて皇帝崇拝が強化されていく時代にキリスト教徒が皇帝崇拝を拒絶するにおよんで、ドミティアヌス、トラヤヌス、ハドリアヌス、マルクス・アウレリウスなどの治下に、やや大規模な迫害がおこなわれた。しかしこれらも全帝国にわたるものではなく、また継続的なものでもなかった。迫害されたキリスト教徒は、地下に深く迷路のように掘られたカタコンベなどに逃れて信仰を続けた。303年、伝統的なローマの神々への信仰を重んじ、皇帝崇拝を強制したディオクレティアヌス帝が大迫害を行ったが、ますます増える信者の勢いに、迫害より懐柔と、313年、コンスタンティヌス帝はミラノ勅令によってキリスト教を公認。たちまち教会組織が整えられ、聖職者の身分が生れた。(catacombe)

2014年5月 9日 (金)

右の語釈は?

O0480064012503208007    映画「舟を編む」で老国語学者松本(加藤剛)が「右の語釈を説明したまえ」という。広辞苑や広辞林は「南に向いた時の西」とある。福武国語辞典は「北を向いたとき、東にあたるほう」とある。三省堂国語辞典は「日の出るほうへ向かって、南のほう」とある。新明解国語辞典は「アナログ時計の文字盤に向かった時に、1時から5時までの表示のある側」とか「明という漢字の月が書かれている側と一致」とユニークな説明をしている。普通は、子どものときに「お箸を持つほうが右、御茶碗が左」と教わるが、左利きの人もいるので辞書の語釈としては不適当。ほかに「時計の3時の短針の方向」などがある。映画の中では「アラビア数字10のゼロが記される側と一致」とあった。

2014年5月 8日 (木)

10人の官兵衛

   戦国最強のナンバー2といわれた秀吉の軍師、黒田官兵衛。これまでNHK大河ドラマで官兵衛を演じた俳優は10人いる。田村高廣(太閤記)、江守徹(国盗り物語)、島田三郎→勝部演之(黄金の日日)、菅野忠彦(おんな太閤記)、入川保則(徳川家康)、伊武雅刀(秀吉)、斎藤洋介(功名が辻)、柴俊夫(江)、岡田准一(軍師官兵衛)。岡田以外官兵衛は脇役ながら名前の知られた俳優であるが、「黄金の日日」の島田三郎という俳優だけはほとんど無名に近い。プロフィールには「1929年5月8日生まれ。中川プロ所属」とある。当時49歳だったが、急病か急死か、いずれにしても何らかのトラブルで勝部に交代したのであろう。

2014年5月 5日 (月)

六日の菖蒲、十日の菊

Dsc_4605_2201    5月5日の「端午の節句」には菖蒲を軒先に差したり、菖蒲湯をたてたりした。また9月9日の重陽の節句は「菊の節句」とも呼ばれ、長寿を願って菊酒を飲む習慣があった。物事が手遅れになってしまったことを言う。四字漢語には「夏炉冬扇」がある。

晩年のキェルケゴール

Photo
 キェルケゴールが生涯愛したレギーネ・オルセン

    「5月5日に生まれた子どもは父に仇をする」というのは古代中国の俗信である。5月5日生まれは、キェルケゴール、カール・マルクスと著名人が多い。キェルケゴールの人生は自分の生を真に生きるとは何かを教えてくれるように思う。キェルケゴールは婚約者レギーネ・オルセンとの婚約を破棄したことで哲学への道を歩んだ。最期まで定職につかず、結婚もせず、思索と著述活動一筋だった。やせこけて不ぞろいなズボンをはき、雨傘をこわきに抱えたキェルケゴールの漫画がコペンハーゲンの新聞にのっている。最期はコペンハーゲンの路上に倒れて、42歳の若さでフレデリックス病院で息を引きとった。

2014年5月 4日 (日)

おほほ祭

Photo
  熱田神宮

 5月4日、夜7時。熱田神宮の神殿の前に16人の白装束の神官が並ぶ。境内の社に入り、携えてきた箱の中から面を出す。袖の中に隠し持って、袖の上から軽く叩く。その時、小さく「おっほ」と笑う。笛が短くピロリと鳴ると、全員が大声で「わっはっはっは」と笑う。これが三度繰り返される。一つの社が終ると、また次の社へ、それが終るとまた次の社へ。4つか5つの社で同じことを繰り返し、神殿に戻って終了する。これが「酔笑人(えようど)神事」、一名「おほほ祭」と呼ばれる祭で、神官たちが笑い合う神事から、そのような名がついたらしい。

    熱田神宮は三種の神器の一つ草薙剣を祀ることで知られる。スサノオノミコトがヤマタノオロチを退治したときその体内から出てきた剣で、日本武尊が伊勢神宮にもうで、斎宮であった叔母の倭姫命から天叢雲剣を授けられた。日本武尊は、東征の途中、神宮に参拝してこの宝剣をさずかり、駿河国で野火攻めにあったとき、この剣で草をなぎ払って以来草薙剣と呼ばれるようになった。その妃の宮簣媛命(ミヤズヒメノミコト)が草薙剣を社を建てて草薙剣をまつったのが熱田神宮の起源といわれる。

    天智天皇7年(668)、新羅の僧道行は草薙剣を盗んで、新羅に渡ろうとしたが暴風雨にあって果たせず、その後宮中に保管され、天武天皇朱鳥元年(686)、天皇の病が草薙剣のたたりだというので即刻熱田の社に送り返された。熱田神宮では神剣の帰還を喜び酔って笑って歩きまわる姿そのものが祀りになった酔笑人(えようど)神事、「おほほ祭」として毎年5月4日の夜に行なわれている。そのほか熱田神宮では踏歌(とうか)、歩射(ぶしゃ)などの神事がおこなわれている。古代以来尾張国造の尾張氏が代々宮司として奉仕したが、後世はその子孫筋にあたる大宮司藤原季範の子孫がこの職を世襲して明治維新にいたった。

五・四運動

Photo

    1919年1月、第一次世界大戦の戦勝国である連合国27ヵ国の代表がパリに集まり、パリ講和会議を開催した。中国側は、領事裁判権の廃止、関税自主権の回復、租借地の租界の返還など7項目の要求とともに、21ヵ条条約の廃棄、旧ドイツ権益の返還を要求したが、主要国は、この要求を退けた。中国民衆の怒りは爆発した。

    1919年5月4日、北京大学の学生3000ニンがデモ行進し、32人が逮捕された。この事件を契機によって火蓋をきった学生運動はたちまち全国各地に波及した。これにより、二千数百年中国を支配し続けてきた中国の封建的な制度と王朝を批判し、これらを打倒して近代文化をつくりあげようという運動が起こった。そのなかで指導的地位にあったのは胡適(1892-1962)、陳独秀(1879-1942)などである。胡適がとくに力を注いだのは、新文学運動である。白話文学による文学革命は、この五・四運動の中心をなした。さらに1912年のロシアの十月革命は、この運動に影響を及ぼし、マルクス・レーニン主義が大きな力を与えた。また胡適はアメリカの留学生であったのでプラグマティズムの影響がみられる。さらに、クロポトキンを祖とする無政府主義の運動も中国で行われていた。こういうさまざまな思想が入り乱れていたのが五・四運動である。現在、中国では5月4日は「青年節」という祝日となっている。参考:「五四運動の研究」京都大学人文科学研究所共同報告 全4冊 竹内実・小林善文・吉田富夫 同朋舎 1985

2014年5月 1日 (木)

中世インドは暗黒時代ではなかった

Qutabminar_400_300300x225    インドは最古の文明の時代から繰り返される民族移動とそれに伴う文化の波が押し寄せ、多様な世界がつくられた。日本人にとってはインドは仏教文化の揺籃地であり、インド古代文化への研究は深いものの、グプタ朝以後のインドへの関心は低い。中世インドはだいたいにおいてグプタの古典的文化をモデルとして各地に流布した。南インド東海岸のパッラバ王朝、デカンの西チャールキャ朝、つづいてガンジス流域のパーラ朝、それから西インドのプラティハーラ朝、デカンのチャンデーラ朝などのうち、パーラ王朝が仏教の保護した以外は、いずれもヒンズー教の文化を擁護した。ヒンズーの宗教・神学・文学・美術は発達し、いくたの聖者・詩人・哲学者が輩出した。インドにイスラム教徒の軍が最初に進出したのは8世紀にさかのぼるが、イスラムが本格的に北インドに侵入するのは11世紀に入ってからである。クトゥブッディーン・アイバクはマムルーク(奴隷軍人)としてゴール朝のムハンマド・ゴーリーに仕え、ムハンマドの死後、デリーに都して新王朝を建てた。インド中世は暗黒時代ではなく、新しい文化発展の始まりの時代であった。デリー諸王朝時代(1200年ころ)につくられた建築物としては、デリー南郊にあるクトゥブ・ミナール(画像)がとくに名高い。高さが72.5mあり、世界で最も高いミナレットである。

   南インドのチョーラ王国は、紀元前3世紀から13世紀にかけて存在したタミル系のヒンドゥー王朝(846年頃ー1279年頃)。首都はタンジャーヴール、ガンカイコンダチョーラプラム。チョーラ諸王は、交易の振興や道路網の整備を行い、灌漑のためにダムを築くなど、大土木工事を営んだ。デカン、南インドには多数の神殿が造営された。

13世紀、ヤーダバ朝の学者へーマードリはサンスクリットの研究で知られる。

Qutub Minar、Tanjore、タンジョール

Gangai
プリハディーシュワラ寺院(タンジャーヴール)  1010年

Dscn0919_m
カンダーリア・マハーデーヴァ寺院(カジュラホ) 11世紀

450pxcities_caves_and_ancient_sites

盗人島

201005130002_000    長崎県の大村湾に浮かぶ小さな島。盗人(ぬすっと)島。陸地と結ぶ30個ほどの石が連なり、島への飛び石になっている。いつ誰が設置したのか何もわからない。島は木が数本生えているだけで、周囲数十メートルの小島である。島の名前は、島の真ん中に物を置いて島を3周すると、物がなくなっているとの言い伝えから生まれたらしい。

モースはバナナが好物

   1877年(明治10年)にエドワード・モースによって縄文時代の遺跡である大森貝塚が発見された。日本史年号暗記に「モースはバナナが好物」がある。バナナと1877年、つまり「8(は)7(な)7(な)」(1は省略)の語呂合わせ。

 モースがほんとうにバナナが好物だったのかは知らない。明治15年のモースの日記に「かき氷」を食べたとあるので、かき氷は好物だったのであろう。

深大寺山門

Photo_2     「貴い寺は門から」という。松本清張のミステリー「波の塔」には深大寺(調布市)が描かれている。「寺は古かった。山門が藁葺きで桃山時代の建築というから古いものである。入母屋造りの本堂も、その横の石段を上がったところにある小さな堂も、こけがとりついたようにくろずんでいるが、その黒い色をいっそう沈ませているのは、その周囲に立っている樹林の蒼い色のせいかもしれなかった。」 いまでは深大寺界隈は賑やかであるが清張が取材で訪れた頃は清閑な風情があったであろう。

マンホールの蓋が丸いのはなぜか?

Openmanholecover1   マイクロソフト社は、ユニークな人材採用試験で知られている。パズル面接といわれるもので、たとえば「マンホールの蓋が丸いのはなぜか?Why are manhole covers roun?」という問題が有名である。パズル面接法は特定の専門分野の知識を調べるのではなく、論理と想像力によって問題を解く力を調べるのに優れている。

  正方形のマンホールがあるとすると、穴の対角線は正方形の一辺よりも大きいから、斜めにすると落ちる。それに比べて円はどの「差し渡し幅」をとっても、一定だから、蓋の位置が少しくらいずれても落ちない。

うきは市と篠原泰之進

Main

    石川県に「かほく市」がある。哲学者の西田幾多郎の出生地である。「かほく」とは漢字で河北と書く。やはり平仮名だと変な感じがする。福岡県南東部に「うきは市」がある。「うきは」とは漢字で「浮羽」と書いた。市のイメージがわかない。ウキィペディアで調べると、村田英雄、鳥越俊太郎の出身地である。そして新選組の篠原泰之進とある。司馬遼太郎「新選組血風録」で耳をジャブジャブ水で洗う男として登場するので印象深いが、この逸話は司馬の創作だった。現在29の「ひらがな市」が存在する。むつ、つがる、にかほ、いわき、つくば、ひたちなか、かすみがうら、つくばみらい、さくら、みどり、さいたま、ふじみ野、いすみ、あきる野、かほく、あわら、みよし、あま、いなべ、南あわじ、たつの、さぬき、東かがわ、うきは、みやま、えびの、いらき串木野、南さつま、うるま。

« 2014年4月 | トップページ | 2014年6月 »

最近のトラックバック

2017年4月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30