無料ブログはココログ

« 漢室再興を掲げた蜀の昭烈帝 | トップページ | 「鰈」 何と読むの? »

2014年4月24日 (木)

ラテン・アメリカの文学

Estebanecheverrc38da Sarmiento2
  エチェベリーア       サルミエント

   4月17日、「百年の孤独」で知られるコロンビアの小説家ガルシア・マルケスが死去した。20世紀、南米は文学の盛んな地である。アルゼンチンでは1840年代に入ってロマン主義がおこり、「エルビーラ」その他の詩と、有名な風刺的短編「賭殺場」の作者エチェベリーア(1805-1851)、政治家・教育家として活躍し、現在ラテン・アメリカ文学の古典となっている散文「ファクンド」の作者ドミンゴ・ファウスティーノ・サルミエント(1811-1888)、ローサスの暗黒時代をえがいた「アマーリア」の作者ホセ・マルモル(1818-1871)などが出現した。 

    20世紀になって多くの優れた小説家が現れたが、写実小説で大きな足跡を残したのはチリのバルザックとよばれるブカレスト・ガーナ(1830-1920)や、アルゼンチンの近代生活をえがいたガルベスである。またチリのミストラル、アルゼンチンのストルニ、ウルグアイのイバルボロといった女流詩人が現れた。まちチリの詩人パブロ・ネルーダ、ペルーの革命詩人バリュッホ(1893-1938)など現代ラテンアメリカ詩の先駆者である。 

Albertoblestgana 260pxgabriela_mistral01
 ブレスト・ガーナ      ガブリエラ・ミストラル
Photo Photo_5
  パブロ・ネルーダ     ロムロ・ガリューゴス

  第二次世界大戦後のラテン・アメリカ文学は独自の世界を切り開くことに成功した。アルゼンチンではボルヘス、コルタサール、サバト、ブイグ、そしてキューバではレサマ・リーマ、カルペンティエル、カブレラ・インファンテがいる。メキシコではルルフォ、フエンテス、ウルグアイではオネッティ、ベネデッティ、マルティーネス・モレーノの名があげられる。その他の地域では、グアテマラのアストゥリアヌス、コロンビアのガブリエル・ガルシア・マルケス、ペルーのバルガス・リョサ、チリのドノソ、パラグアイのロア・バストス、ブラジルのローザらが出現した。 

Borges Photo_2
   ボルヘス           マルケス
Photo_3 Photo_4
    バルガス・リョサ      コルタサル

Augustoroabastos Joao_guimaraes_rosa5b15d
  ロア・バストス   ジョアン・ギマランエス・ローザ

Jose_donoso Miguel_angel_asturias
   ホセ・ドノソ    ミゲル・アンヘル・アストゥリアス

« 漢室再興を掲げた蜀の昭烈帝 | トップページ | 「鰈」 何と読むの? »

「世界文学」カテゴリの記事

コメント

バルガス・リョサと日本で表記されるこの作家は、普通のスペイン語ではヨサまたはジョサと発音される。アルゼンチンのスペイン語ではショサと発音される。リョサとはスペイン語を読めないアメリカ人の発音なので、日本でもいつの日か彼をジョサと表記するようになるといい。
 ギジェルモ・カブレラ・インファンテがアメリカ映画「バニシングポイント」の脚本を書いていたとは私には驚きでした。

実はラテンアメリカ文学は何も知らない私ですが、記事を書きつつ、知的好奇心を充たす宝箱のようなものだと感じています。「バニシングポイント」は公開時、青年時代に観た一本でとても懐かしい。ギレルモ・ケインとかG・カインというのはインファンテの別のペンネームだったんですね。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 漢室再興を掲げた蜀の昭烈帝 | トップページ | 「鰈」 何と読むの? »

最近のトラックバック

2017年8月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31