無料ブログはココログ

« 青年は荒野をいく | トップページ | 「ジョージ」ブームがやってくる!? »

2014年4月 7日 (月)

地獄

Map

   人は死んだらどうなるのか?中川信夫監督の「地獄」(1960)は血の池地獄、針山など日本古来の地獄絵をスクリーンに再現している。水木しげるワールドのようだ。先ず「死出の山」と呼ばれる険しい山がある。暗い山道を登っていき峠を越えると、明るくなってくる。見下ろす山の麓には、曼珠沙華の美しい花畑が広がっている。山を降りると大きな川が見えてくる。これがこの世とあの世の境界となる「三途の川」である。賽の河原では奪衣婆が亡者から衣類をはぎとり、懸衣翁が枝にかけ、その枝の垂れ具合で亡者の生前の罪の重さを計る。最後に閻魔大王(映画では嵐寛寿郎が扮している)が死者の生前の罪を裁く。判決が下り六道の辻と呼ばれる道にそれぞれが進む。出演は天知茂、三ツ矢歌子。沼田曜一はネズミ男のような悪魔の友人を演ずる。

« 青年は荒野をいく | トップページ | 「ジョージ」ブームがやってくる!? »

「昔話・民話」カテゴリの記事

コメント

天知茂、三ツ矢歌子、懐かしい。どちらも老齢に達する前に亡くなりましたね。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 青年は荒野をいく | トップページ | 「ジョージ」ブームがやってくる!? »

最近のトラックバック

2017年11月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30