無料ブログはココログ

« ゴッホとタラスコン | トップページ | 親の七光り »

2014年4月19日 (土)

トマソン

   巨人のロペスやアンダーソンはよく打つ。退団したボウカーは空振りが多かった。30年前のトマソンを思い出した。藤田監督も辛抱強く起用したものだが、原辰徳も辛抱よくボウカーを使った。だが走者を送ったり繋ぐことのできない2番は最悪の選択肢だった。トマソンのときは他の選手がよく打ったので、打棒不振はあまり目立たなかった。わずか2年で引退したが、超芸術トマソンという新語が生れた。「無用の長物」でシュールな感じの作品。例えば、階段だけが残された電柱とか高いところにある扉。エポニムである。

 

Tumblr_kwi9jazkrq1qzzp1jo1_500   ビルが壊されて、非常階段だけが残ったものだが、大津波のときは役に立つ。

 

 

 

 

Img_435785_27257004_0   これだけ接近した小便器だと、おそらく2人同時に使われることはないだろう。なぜこんなものをつくったのか謎である。

« ゴッホとタラスコン | トップページ | 親の七光り »

建築」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« ゴッホとタラスコン | トップページ | 親の七光り »

最近のトラックバック

2017年11月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30