無料ブログはココログ

« 材官と正卒 | トップページ | ローマの属州スペイン »

2014年4月18日 (金)

キリンも食べていた!? 古代ローマ人の食卓

Pompeii_2  

  火山の噴火で埋もれた古代ローマの都市ポンペイの人々は穀物や果物、豆、魚、卵、オリーブなどの木の実を食べていた。米シンシナティ大学の研究チームが10年にわたる調査によると、インドネシア産の香辛料、スペイン産の魚を塩漬けしたものや、地元産ではない貝やウニも食べていた。ほかにキリンや、桃色の翼のフラミンゴも食べていたことが分かった。 

  このようなグルメブームが続いたローマでは「食べたい」でも「痩せたい!」という願望も生じてくる。この矛盾した願望を解決しようとした先駆もやはり古代ローマ人だった。蒸し風呂に入ってマッサージという減量法ができたのもこの時代である。すでにアンティファット(肥満防止)という秘薬もあった。これは海のコケから抽出した濃縮液で作るものだった。ローマ皇帝クラウディウス(在位41年-54年)は足が不自由で寝て食事をしていたらしい。宴会で客たちはボウルを持参し、ごちそうを食べてはそのボウルに吐き出してまた食べる、ということを繰り返していた。

« 材官と正卒 | トップページ | ローマの属州スペイン »

「世界史」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 材官と正卒 | トップページ | ローマの属州スペイン »

最近のトラックバック

2017年11月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30