無料ブログはココログ

« 明治の評論家・斎藤緑雨 | トップページ | 富田木歩と新井声風 »

2014年4月13日 (日)

ベートーベンとプリマ・ドンナ

H25926beethovengraefle

   マリア・ガルシア・マリブラン(1808-1836)は「ロマン主義の女神」と称えられたスペインの美貌のプリマドンナである。1828年4月13日のことだった。パリの音楽学校ではベートーベンの第五交響曲が演奏されていた。やがて演奏が始まると、一同ただ感激に打たれてしまった。そのうちに、突然聴衆の一人が感動のあまり卒倒した。それはマリア・マリブランという20歳の美しい歌手だった。マリアはその後、有名な歌手になったが、28歳のとき落馬事故により亡くなった。妹のポーリーヌ・ガルシア・ヴィアルド(1821-1910)も有名な歌手になった。姉のような美貌はなかったが、ロシアの文豪ツルゲーネフはポーリーヌに恋した一人であった。

Malibranportrait72dpis
  マリア・マリブラン

Pauline_viardotgarcia_1
   ポーリーヌ・ヴィアルド

« 明治の評論家・斎藤緑雨 | トップページ | 富田木歩と新井声風 »

「音楽」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 明治の評論家・斎藤緑雨 | トップページ | 富田木歩と新井声風 »

最近のトラックバック

2017年11月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30