無料ブログはココログ

« 靏岡賢二郎 | トップページ | ラテン・アメリカの文学 »

2014年4月23日 (水)

黒田長政と後藤又兵衛

   黒田官兵衛の子長政は父ほどの知略の人物ではなく、武勇に優れた勇将であった。後藤又兵衛は幼少より官兵衛に引き取られ、長政とは兄弟のように育てられた。だが長政が家督を継ぐと、又兵衛は黒田家を出奔する。京都で浪人生活の後、大坂の陣で長政とは敵味方として対決した。黒田長政は関ヶ原の戦いで大きな戦功をあげ、福岡藩初代藩主となった。しかし黒田藩には呪われた過去がある。長政が城井谷城を攻めるとき、宇都宮鎮房を謀殺したため、亡霊に悩まされた。宇都宮鎮房の墓石には、何度変わっても強い怨念が同じヒビを走らせるといわれる。

Img_3

« 靏岡賢二郎 | トップページ | ラテン・アメリカの文学 »

「日本史」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 靏岡賢二郎 | トップページ | ラテン・アメリカの文学 »

最近のトラックバック

2017年11月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30