無料ブログはココログ

« バイロン的理想像 | トップページ | 松平定常墓の亀趺 »

2014年4月19日 (土)

「建築は芸術である」中村順平

521  中村順平(1887-1979)は大阪生まれの異才の建築家である。20世紀の建築は19世紀以前の様式建築を批判し、機能性、合理性を追求したモダニズム様式が普及した。中村は1920年に渡仏し、エコール・デ・ボザールに留学、芸術性を追求する作風を学んだ。建築の美しさや芸術性を排除する時代に抗して、「建築は芸術である」という信念を貫く。震災後の東京の都市計画や多くの船舶の室内装飾を手がけた。近年、中村順平を再評価する展観が催されている。 

参考文献
「東京の都市計画をいかにすべき乎」 中村順平 洪洋社 1924
「建築という芸術」 中村順平 彰国社 1961
「情念の幾何学 形象の作家中村順平の生涯」 網戸武夫編 建築知識 1980

« バイロン的理想像 | トップページ | 松平定常墓の亀趺 »

建築」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« バイロン的理想像 | トップページ | 松平定常墓の亀趺 »

最近のトラックバック

2017年11月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30