無料ブログはココログ

« 言葉のルーツ | トップページ | キリンも食べていた!? 古代ローマ人の食卓 »

2014年4月18日 (金)

材官と正卒

4883172112p1     前漢の兵制の一班を考えるうえで、材官、騎士、軽車、楼船が記録にみえる。このなかで材官というのは、歩兵で弩の射撃訓練をうけた射手のことである。この材官は従来の説では正卒として服務すると考えられていた。大庭脩は論文「材官攷」(1951)で、材官・騎士らは特殊訓練を受けた職業軍人とみなすべきで、正卒の内に入れることに疑問を投じた。だが重近啓樹は「材官引疆」「材官蹶張」など強弩を引く能力をもつ弓の専門兵がいたことから、材官を一般的に歩兵の意と解している。(参考:大庭脩「材官攷 漢代の兵制の一般について」龍谷史壇36 1952年、重近啓樹「秦漢の兵制について 地方軍を中心として」 静岡大学人文論集36 1986年)

« 言葉のルーツ | トップページ | キリンも食べていた!? 古代ローマ人の食卓 »

「世界史」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 言葉のルーツ | トップページ | キリンも食べていた!? 古代ローマ人の食卓 »

最近のトラックバック

2017年5月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31