無料ブログはココログ

« 心もよう | トップページ | 私を没却せよ »

2014年4月 1日 (火)

ジス・イズ・ア・ペン(これはペンです)

Image146   英語の教科書で最初に習った文章で世代が分かるという。「Ⅰ am Tom Brown.」は戦後、中学が義務教育となり、生徒が最初に手にした教科書(1947年文部省刊)で使われた一文。1949年から三省堂の教科書は「This is a pen.」荒井注の世代。1962年からbe動詞ではなく、一般動詞の英文が登場した。「Ⅰ have a book.」この教科書はアメリカ英語の口語教本を執筆したW・L・クラークの書き下ろしたもの。haveからplayやlikeといった他の動詞に置き換えやすい。しかし一般動詞が最初に出てきた教科書は三省堂だけで、1978年から「be動詞から」に戻した。 

ところで have動詞にはいろいろな意味がある。 

Ⅰ have a family. 

家族がいます 

Ⅰ have a good time. 

良い時間を過ごす 

Ⅰ have a dream. 

私には夢がある 

Ⅰ have a cold. 

風邪をひいています 

Ⅰ have a good memory. 

記憶力がいいです 

Ⅰ have lunch. 

昼食をとります 

   最後の一文は「have lunch」か「have a lunch」か迷うだろう。食べることに焦点をあてた言い方なら「have lunch」が一般的な表現である。昼食の種類や性格について修飾語がつけば、have an early lunch(早い昼食をとる)とか、have a late dinner.(晩い夕食をとる)のように a がつく。 

また「have+物」で「ぜひ、(物を)どうぞ」の意味がある。 

Have some coffee. 

コーヒーをどうぞ 

Have a drink. 

飲み物をどうぞ

« 心もよう | トップページ | 私を没却せよ »

英語」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 心もよう | トップページ | 私を没却せよ »

最近のトラックバック

2017年11月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30